天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > 田勢康弘 愛しき日本 > 記事詳細

連載

 
 
 

野田代表

2011/08/30

ドジョウ 危機を救うか

 ひとつの演説が政治の流れを大きく変えた。政治家にとって「言葉」がいかに大切かを強調しつづけてきたが、これほど力を持つ演説に出会ったことはなかった。民主党新代表に選出された野田佳彦氏の代表選投票前の一人15分の演説のことである。詩人相田みつをの詩を引用し、こう言った。「ドジョウが金魚の真似(まね)をしても仕方がない。このルックスなので首相になっても支持率は上がらない。だからすぐに衆院解散はしない。ドジョウらしく泥くさく政治を前進させる。重い困難を背負って立つ覚悟だ」。

 第1回目の投票で野田氏102票と発表されたとき、会場にどよめきが起こった。私自身は野田氏が80票を獲得すれば、決選投票で海江田万里氏を逆転する可能性があると見ていたので、三桁に達したことに驚くとともに、これで野田首相誕生だな、と思った。

 野田氏の話には説得力がある。千葉県議会議員時代から駅で毎日、辻説法をしていた。そのころ千葉県に住んでいたので、駅前でだれも立ち止まらないのに一人で演説しているこの人を何回か見たことがある。話の説得力はこのころ身につけた話術と、裕福とはいえない普通の家庭で育ったことから来ていると思う。

 私の報道番組にゲストとして最多の8回出演してくれたが、毎回視聴者の反応はほかの政治家よりもいいのである。「金魚ではなくドジョウ」という言葉は最近の民主党政治家のどの言葉よりインパクトがあった。政権交代を実現したのに、自分のことしか考えない首相が2人続いた、と多数の国民は感じている。すなわち、みてくればかり重視の金魚である。野田氏は自らをドジョウにたとえ、決してポピュリズム(大衆迎合主義)に走ることなく、地味に努力すると宣言した。「命をかける」とまで言った。この言葉に迷っていた議員たちは心を大きく動かされたのだろう。

 月刊誌に「政権構想」を発表し、はやばやと「大連立構想」などを打ち上げた野田氏は、自らを支持してくれると信じていた前原誠司氏が出馬を決断することによって、可能性はゼロになったと思われた。私もそう思った。これで前原代表だな、と。ところが小沢一郎氏が海江田氏支持を打ち出したことによって海江田対前原の一騎打ちかとだれしもが想像した。そのころ野田氏は財務相としての立場もあり、財政再建、増税路線は避けて通れないと自説を曲げようとしなかった。

 その愚直なまでの姿勢は、小沢氏の支持を意識してか、主張を少し変えたように見える海江田氏とは対照的だったと思う。海江田氏は小沢氏の見えざる手によって有力な代表候補となり、小沢氏によって結局は敗北の憂き目にあうことになった。海江田首相なら、幹事長人事をはじめあらゆることで小沢氏の意向が滲(にじ)み出てくるだろう、そうなれば民主党は破滅への道をたどることになる、と思った人が多かったということだろう。

 野田氏とはどういう人物か、と問われれば、私はあらゆる意味で菅直人氏の対極にいる人と答える。こつこつと努力はするが、どういう行動をすれば得か損かという計算が下手だ。根回しもうまくない。心を隠すことがうまくない。テレビを通して見える顔も、実際につき合っている時に見せる顔も、まったく同じなのである。だから敵がいない。自民党幹部に本音を聞くと「野田さんなら個人的には手助けしたいという気になる」という。財務省のいいなりではないか、という批判もあるが、実態はかなりの官僚が野田氏に惚(ほ)れ込んでいるというのだ。

 国難ともいうべきこの時期に国家運営の最高責任者に野田氏は就任する。うまくいくという保証は何もない。きっとどこかでつまずく、たとえば党内では小沢問題で、また政策では外交や、円高対策で、国民をがっかりさせることもあるだろう。いや必ずある。それをどこまで大目に見るかだ。政治の世界に青い鳥はいない。だれが首相になっても、個人の力量でできることは限られている。

 ダメだダメだとばかり言い続けていても問題は何も解決しない。原発事故を抑え込み、被災地復興を急ぎ、円高対策をしっかりやり、財政を健全化させる。最低これだけのことを処理するためには、国民も「大局」を見る必要がある。知り合いの歌人から短歌が届いた。「『三度目の正直』なのか『二度あれば三度ある』のか三人目(みたりめ)決まる」。「三度目の正直」になることを祈るばかりだ。

(政治ジャーナリスト、日本経済新聞客員コラムニスト)

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.