天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > 田勢康弘 愛しき日本 > 記事詳細

連載

 
 
 

民主代表選

2011/08/14

「野田対小沢系」の構図

 古(いにしえ)の教えでは、急流で馬を乗り換えるなという。普通なら、こんなときに総理大臣を交代したりするような愚かなことはない。それでも、交代せざるを得ないほど、この国の政治は制度疲労をきたしている。早ければ月内に新しい内閣が誕生する。明治維新、第二次大戦敗戦に次ぐ「第三の坂の上の雲」を目指すのにふさわしい指導者が誕生するかどうか、日本はかつてないほど大事な岐路に立っている。

 民主党執行部が想定している日程は、今月28日に衆参両院の国会議員による「代表選」を行い、31日の国会最終日までに首相指名選挙を行うという短期決戦である。執行部に距離を置く小沢・鳩山系には「政策論争をするための時間が必要だ」という声もあるが、9月にずれ込むと、外交日程などに影響するため、月内処理で押し切る構えだ。

 代表選をめぐる構図は比較的はっきりしている。政策的には消費税増税、自民、公明など野党との協力関係を掲げる候補と、それに反対する、すなわち増税反対、マニフェスト堅持、野党との対決姿勢を掲げる候補の争いになるだろう。前者は岡田克也幹事長、仙谷由人官房副長官ら民主党主流派の推す候補であり、対するのは小沢・鳩山系の推す候補ということになる。

 執行部は増税を主張する野田佳彦財務相でほぼ固まっている。したがって岡田幹事長や仙谷氏らは出馬しないものとみられる。現在、出馬に意欲を示しているのは野田氏のほか馬淵澄夫前国土交通相、鹿野道彦農水相、樽床伸二前国会対策委員長、小沢鋭仁元環境相らである。態度を明確にしていないのが、総理候補として世論調査の期待度の高い前原誠司前外相、それに原発対策で菅直人首相と軋轢(あつれき)続きだった海江田万里経済産業相の二人である。前原氏は外相辞任のきっかけとなった外国人政治献金問題への批判を気にかけて今回は出馬を見送り、来年9月の代表選にかけるのではないかという見方が有力だ。そのため、今回は野田氏支援に回る可能性が高い。海江田氏は小沢・鳩山系の支持があれば、出馬に踏み切ることになるだろう。

 ことごとく執行部を批判し続けてきた小沢氏が、どう出るかは、勝敗の帰趨(きすう)を決めるほど大きな影響力を持つ。小沢氏と鳩山氏は協調して代表選に臨むものと見られ、両グループを合わせると200人近い数になる。小沢氏は党内情勢をにらみつつ、野田氏にぶつける候補をだれにするか思案中だ。可能性が高いのは海江田氏、樽床氏、小沢鋭仁氏らである。

 一方で執行部が推す野田氏は、露骨な「反小沢」の姿勢を出していない。むしろ「怨念の政治」脱却を掲げているが、これも代表選を意識してのことだろう。鹿野氏は個人でグループを持っていないが、人柄から支持する議員は少なくない。ただ、かつて新進党時代、小沢氏と代表の座を争ったことがあるため、小沢氏とのいまの関係が変化しているのかどうかが注目点だ。小沢、反小沢の対決構図が色濃く出てきた場合には、長老の鹿野氏にお鉢が回ることもありえないことではない。

 野党自民党は野田氏に期待をかけている。増税や原発維持を否定していないし、何よりも「議会制民主主義の要諦は、対話と理解を丁寧に重ねた合意形成、すなわち『段取り』にあります」(文芸春秋9月号「わが政権構想」)と述べている点を評価している。一方で野田氏なら解散も近くないだろうし、解散になっても前原氏ほどには国民的人気も高くないのでやりやすいと見る向きもある。野田首相となれば、首相指名を受けた直後に野党党首と会談し、協調を呼びかけることになるだろう。13日の私の番組「週刊ニュース新書」(テレビせとうち)に出演した野田氏は「救国内閣を目指す」と大連立の考えを明確にした。

 だれが総理になっても厳しい現実を簡単に場面転換することはできない。一向に展望の見えない福島第一原発と被災地の復旧・復興。それに極限まで来てしまった政治に対する国民の不信感。その中でだれが総理になっても国民に一定の犠牲を求めなければならないという厳しい現実。加えてよほどの信頼関係を築かない限り、すべての法案が成立しないというねじれ国会が待ち受けている。

 鳩山、菅の二代の内閣で民主党への国民の期待や信頼はことごとく地に落ちた。どうすれば支持を取り戻せるか、というような矮小(わいしょう)な発想で国家運営をやれば失敗するのは目に見えている。ほんとうに必要なことをきちんと決断できるかどうか、この危機に指導者が命をかけているかどうかを、国民は見ている。

(政治ジャーナリスト、日本経済新聞客員コラムニスト)

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

生活情報紙・オアシス

オアシス
暮らしの身近な情報満載

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

   
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.