天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > 田勢康弘 愛しき日本 > 記事詳細

連載

 
 
 

内閣改造

2011/01/17

財政再建へ期待と不安

 内閣の中に4人も財務相経験者がいる。消費税引き上げを軸に、財政再建路線をひた走ろうという決意のあらわれなのか。だとすれば、何をやろうとしているのかわからないといわれてきた菅直人内閣の大転換であり、評価するにやぶさかではない。ほんとうにできるのか、という根本的な疑念は消えないが、日本の直面する危機は、政争に明け暮れている余裕などまったくないのだ。

 菅首相、野田佳彦財務相、与謝野馨経済財政相、それに官房副長官に就任した藤井裕久氏と財務相経験者がそろった。おそらく財務省の事務方はしてやったりとほくそ笑んでいるに違いない。中でも自民党の経済財政政策の司令塔ともいうべき与謝野氏の入閣の意味は重い。自民党は「与謝野氏は自民党の比例区当選者だった。入閣するなら議員を辞職してからにすべきで、すでに除名処分にした人物と話し合うつもりはない」(石原伸晃幹事長)と拒否の姿勢を崩していない。与謝野氏の衝撃的な入閣に批判の声は消えないが、与謝野氏の財政再建にかける熱意や、その経験・手腕を認める人は自民党にもたくさんいる。

 また、福田康夫内閣と菅内閣の2度、大連立構想の動きの軸になった人物である。国家的危機を乗り切るために、菅首相が大連立構想を捨てていないというふうにも見える。与謝野氏の情熱が、与野党対決の厚い氷壁をどれだけ溶かすことができるのか、期待をこめて見守るべきだろう。

 懸念材料ももちろんある。今後に悪例を残したのは、参議院の問責決議を受けた2閣僚を交代させたことである。首相は改造人事について「問責を受けたからではない。最強の体制を造るための人事だ」と強調したが、だれも信じないことをなぜ、言うのだろう。問責した仙谷由人官房長官らが辞めないうちは、国会審議に応じない、という自民党など野党の強硬姿勢に屈してやむなく交代に踏み切ったのである。

 問責に関しての法的記述はない。衆議院に内閣不信任決議案(信任決議案も)の定めがあるのとは違い、参議院の問責決議は、問責を受けた首相や閣僚が辞任しなければならないという決まりはない。現行憲法下で71件問責決議案が提出されているが、可決されたのは1998年の額賀福志郎防衛庁長官(当時)と2008年の福田康夫首相、09年の麻生太郎首相、それにこのたびの2件と合計5件だけである。問責を受けて辞任したのは、額賀氏のケースだけだった。

 仙谷氏ら2閣僚への問責決議の文章を読み返してみても、なぜ辞任しなければならないのかよくわからない。失言、暴言を繰り返し、国会軽視の態度だということが主で、政権衰弱の意図しか感じ取れない。ねじれ国会の参議院では可決されるのが当たり前で、驚くべきことではない。驚くべきなのは、閣僚交代であり、自民党など野党が、交代させない限り審議に応じないと突っ張ったことである。

 そのことで民主党出身の西岡武夫参議院議長が「院の意思を無視するのか」とやはり交代を迫った。法的に考えてこれほど異常なことはめったにない。今後、菅首相の問責決議が提出され、可決されたらどうするのか。自民党も参議院議長も「辞任しない限り審議はできない」と突っぱねるのか。衆議院の内閣不信任決議案には、衆議院の解散・総選挙という対抗手段があるが、参議院には何もない。衆議院優位という憲法上の精神が否定され、参議院が衆議院以上の大権を持つことになってしまう。自民党が将来、政権の座に返り咲いたときに、同じような目にあうことになる。このようなことを繰り返していれば、参議院無用論を勢いづかせるだけだ。

 改造人事で、長い通常国会の入り口の扉は開いた。しかし出口の扉は、どこにあるのかさえわからない状況である。3月末には予算関連法案が成立しないで政権が立ち往生する姿が目に浮かぶ。それを乗り越えたとしても、消費税、環太平洋連携協定(TPP)、普天間基地移設問題など、6月に一定の結論を出す意向を表明しており、3月か6月に政権の危機がくることはほぼ明確である。

 大事なことは民主党と自民党の対決構図などではないし、小沢一郎問題ばかりでもない。日本をどうやって危機的状況から救い出すかということなのだ。すでに議論の時間さえなくなりつつある。必要なのは、危機脱出の処方箋(せん)と、覚悟に基づいた行動である。

(政治ジャーナリスト、日本経済新聞客員コラムニスト)

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.