天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > 田勢康弘 愛しき日本 > 記事詳細

連載

 
 
 

菅・小沢

2010/12/20

民主党分裂かけた会談

 菅直人首相は小沢一郎氏に国会の政治倫理審査会出席を求めるため、20日に会談する予定だ。その結果は今後の政治状況に大きな影響を与える。決裂という事態になれば、政治史に残る一大事件ということになるだろう。双方の思惑と、想定しうる事態について考えてみる。

  まずは多くの人が感じている素朴な疑問について考えてみる。「小沢氏はなぜ国会で説明責任を果たそうとしないのか。いつでも国会で説明すると言ったじゃないか」という疑問。小沢氏の胸の内はたぶんこうだ。検察審査会が強制起訴を決めたことによって、問題は司法の場に移り、状況が変わった。政倫審に出ることで、国会審議が進むという保証があるのか、野党側とそのような話し合いをしているとは思えない。仮に出席しても、野党もメディアも「まったく説得力がない。やはり証人喚問が必要だ」と議論がエスカレートするだけではないのか。年明けにも強制起訴となるが、裁判では無罪となる公算大と多くの司法関係者が予測する。東京地検特捜部が2度にわたって不起訴とした事件を、新たな証拠なしに有罪に持ち込むのは至難だというのである。地検特捜部が大物政治家の捜査に着手するからには、最終的に逮捕、起訴。有罪を前提にしている。証拠不十分で起訴できないという事態は、特捜としては敗北のようなものだ。検事役に指名された弁護士3人がいかに優秀でも、新たな証拠を見つけ出すのは難しい。

  小沢氏はいずれ無罪が確実なのに、何を説明しろというのか。反小沢キャンペーンで、急降下した内閣支持率を回復したいというねらいに乗るわけにはいかない、ということだろう。検察が捜査するほどの事件だから、説明しろといわれても説明できるものではないし、第一どの部分に「疑い」があるというのか明白にすべきだと考えているようだ。

  菅首相はどう考えているか。まずは1月の通常国会をスムーズに進めるためには、公明党の協力がどうしても欠かせない。公明党は政治とカネの問題に厳しい姿勢をとっており、小沢問題で何らかのけじめをつけなければ、協力を打診することさえできない。まずはそう考えているだろう。代表選で小沢氏を破ったときと、内閣人事で小沢勢力を重要ポストからはずしたことで支持率はV字回復した。20%台まで低落した支持率回復には「脱小沢」を貫く以外にないし、このままでは国会も4月の統一地方選も、小沢問題が障害となって何もできなくなるということだろう。

  会談結果はどうなるか。

  〈決裂〉岡田幹事長は政倫審での招致を委員会採決に踏み切り、応じない場合には離党勧告、それにも応じない場合には除名処分という強硬策も考えられる。妥協のきらいな岡田氏ゆえにありうるだろう。一方、菅首相もこのところ「指導力」を見せたがっているようなので、むしろ決裂はのぞむところかもしれない。ここまでくれば民主党事実上の分裂である。その場合、小沢氏が単独で離党するケースと数十人を引き連れて分党するケースがある。可能性は単独のほうが大きい。支持グループを民主党に残しておいて、政界再編をしかけるのではないか。小沢氏についていく議員はそれほど多くない、という見方が有力だが、必ずしもそうではない。政局混迷で総選挙は近い。激動のときは出て行った側がメディアの脚光を浴びる。

  〈合意〉小沢氏が国会招致に応ずるという可能性もある。その場合には表に出ない何らかの妥協があったと見るべきだろう。考えられるのは党役員・内閣の人事である。参議院で問責決議された仙谷官房長官、馬淵国交相を入れ替えない限り、野党は審議に応じない方針なので、彼らを更迭せざるを得ない。そこで菅首相が示せる妥協案は、幹事長と官房長官に小沢氏に近い議員を起用し、挙党体制を築くというものが浮かぶ。樽床伸二前国対委員長、原口一博前総務相、松本剛明外務副大臣ら小沢氏寄りの人物を抜擢(ばってき)する可能性がある。

  そうなれば、小沢氏が求める挙党体制が実現することになり、小沢氏としてもこれ以上党内の混乱は長引かせるべきでない、という判断に立つのではないか。

  どちらに転ぶかはわからない。この国の将来がかかっていることは間違いない。

(政治ジャーナリスト、日本経済新聞客員コラムニスト)

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

生活情報紙・オアシス

オアシス
暮らしの身近な情報満載

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

   
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.