天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > 田勢康弘 愛しき日本 > 記事詳細

連載

 
 
 

菅政権外交

2010/10/04

「粛々と」行かぬ現実

 「粛々と」という言葉とは逆に、菅政権の外交が行き詰まり始めている。尖閣諸島をめぐる中国との軋轢(あつれき)は、普天間問題ですきま風が吹く日米関係が影響している。ここにきてロシアまでが領土問題を持ち出し、近くメドベージェフ大統領が北方領土を訪問すると言い始めた。

  「粛々」という言葉は、静かなさまを表す言葉だ。しかし政治の世界では、さまざまな政治的思惑に左右されずに、ごく事務的に処理する、というような意味で使われるが、実体としてそれは偽りでしかない。どうにもならないほど利害や思惑が入り組んでいるときに、それをごまかすために使用する新しい政界用語になってきた。

  尖閣諸島問題では菅首相、仙谷官房長官、前原外相、岡田幹事長らが「粛々と」と連呼した。中国漁船の船長釈放にあたって、那覇地検の担当者が「日中関係を考慮して」と述べたのも「日本の法律に準じて粛々と判断」したものだと政府サイドは言い張る。慣れない言葉だから間違えてはいけないということか、検察官は紙を読んでいた。この「粛々」を額面通り受け取る人はまずいないだろう。

  政治が司法に介入して船長の釈放を決めた、すなわちそれこそ指揮権発動ではないかと批判されるのを恐れて「粛々」ということで口裏を合わせたのである。

  中国は一時、船長逮捕に関し謝罪と賠償を要求した。しかしながら、中国の出方を注意深く観察すると、意外にも抑制的な部分も感じ取れる。反日デモなどもきわめて限定的で、数も多くない。またメディアの報道ぶりも日本の過熱した報道ぶりとはうってちがって、さほど大きな扱いになっていない。また、初期段階で中国政府は北京駐在の丹羽大使を5回も呼びつけた。その中の1回は未明だったことから、あまりに失礼だ、と世論は怒った。ただこれも中国側が日本に発したメッセージと受け止めると、すこしばかり様子は変わってくる。

  すなわち、そのメッセージを読み取れなかった日本側にもいくらか非があったのではないかということだ。「逮捕」を決めるまでに日本政府は関係各省庁が集まって検討を加えた。その中で中国がどう出るかという想像力に欠けていた。すなわち、いかなるレベルでも中国側とのコミュニケーションが取れていなかったのである。

  突然のようにして細野豪志衆院議員が訪中した。政府も民主党もいっさい関与していない、と断じているし、細野氏も「個人的人脈ですから」と述べている。しかし実情はまったく違う。仙谷官房長官が細野氏に訪中を依頼したのである。その効果か、中国は身柄を確保していたフジタの社員4人のうち3人を釈放した。

  この政権はどうしてこれほど真相を隠そうとするのか。そればかりではない。官僚依存といわれるのを恐れてか、官僚機構をまったく使いこなせていない。すべてを政治家で処理できるはずがないし、まして外交は外務官僚を使わずしてはできない。

  中国はあきらかに「実験」をしたと思える。領土問題は中国にとっては「台湾」問題に波及する重大な問題だけに、今後も尖閣諸島問題を取り上げざるを得ない。そのためにはどこまで米国が静観しているか、あるいは国家運営になれていない民主党政権がどこまでやれるかを見ていたのではないか。

  あわてふためいているうち、ロシアも大統領の北方領土訪問という日本にとっていやなカードをちらつかせてきた。しかも日本訪問の際に立ち寄りたいというのである。日本はあわてて抗議したが「国内の大統領の日程は他国から指示されることはない」と拒否されてしまった。

  日本が対ロ外交で何ら成果をあげられないでいるうちに、中国とロシアは良好な関係を築き上げてしまった。外交は個別の二国間関係であっても、どこかでつながっている。いまの行き詰まりはすべて日米関係のぐらつきが原因として底流にある。普天間基地移設は、難しいというよりは不可能と断じたほうがより正確だと思う。1トントラック3万台もの土砂を運んでの辺野古地区埋め立ては、それを阻止しようとする反対派漁民らとの海上での攻防になる。力ずくで強行することはできない。

  ねじれ国会、円高・株安の経済対策、党内の不協和音。菅政権が抱える問題はすべてが致命傷につながりかねない難しい問題だ。それらとつながるようにして行き詰まりつつある外交が立ちはだかる。

(政治ジャーナリスト、日本経済新聞客員コラムニスト)

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

生活情報紙・オアシス

オアシス
暮らしの身近な情報満載

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

   
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.