天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > 田勢康弘 愛しき日本 > 記事詳細

連載

 
 
 

外交危機

2010/05/17

「普天間」が孤立を招く

 普天間基地移設問題の影響で日本外交が危機的状況に陥っている。とりわけ韓国哨戒艦沈没事件で日米の意思疎通が滞っているばかりか、鳩山政権内部での論議がほとんど欠落しており、このままでは日本が孤立してしまう恐れも出てきている。

 普天間基地問題の「5月末決着」が不可能になったにもかかわらず、鳩山首相はまだ、「思いは変わっていない」などと言ったりしている。政権内部ではだれも首相の言葉を信じていない、という恐るべき事態が生じているのだ。その中で起きた韓国の哨戒艦沈没事件。20日に最終報告書が発表され、魚雷による沈没と結論付けられる見通しで、事実上北朝鮮によるものという位置づけになる。

 この結論を受けて韓国政府がどのような対応を取ることになるのかが日本にとっても重大な影響を及ぼす。北朝鮮による犯行であるという前提で韓国政府が米国や日本に協調を求める場合には、日本はきわめて難しい対応を迫られる。北朝鮮の金正日総書記を招いて6カ国協議への復帰などを諭した中国は強く反発するだろう。これに対して韓国の世論は、中国に対しては甘く、日米に対しては厳しいという傾向がある。日米が中国に一定の配慮をすれば、韓国の世論は中国を非難したりはせずに、反米、反日感情の拡大につながる可能性がある。

 日本にとって対応が難しいのは、韓国が北朝鮮に対する制裁決議を国連安保理に提出するというケースである。日本は現在、安保理の非常任理事国(2010年末まで)であり、韓国と中国のいずれとの関係をより重く考えるかが難しい。鳩山政権はこの問題で米国と緊密に連絡をとっているような気配はほとんどない。普天間基地移設先をめぐって米国に日本に対する不信感があるためか、必要な情報も日本側には十分に伝えられていない。日米が歩調を合わせようとしても、米政府の考え方がいまひとつわからないというのが実態だ。

 わが国と韓国との関係は現段階ではそう悪くない。しかしながら、一瞬にして悪化する可能性を秘めている。現在は北朝鮮が哨戒艦を沈没させたということに韓国世論の関心は集中しているが8月22日が近づくにつれ、反日感情が急速に拡大するのではないかと懸念されている。ことしの8月22日は日本が韓国を植民地にした「日韓併合」百周年で、韓国にとっては屈辱的な日であることは間違いない。

 今週、クリントン米国務長官が中国訪問の前に来日して、鳩山首相、岡田外相らと会談することになっている。当初、米政府は国務長官の極東訪問で中国、韓国を訪れ、日本には立ち寄らない方向だったが、日米同盟関係を考えると日本だけはずすのはいかにも具合が悪いと判断したもようだ。

 主たるテーマは普天間問題になるだろうが、日本側が新たに提示できるような内容のものは何もない。一方で米国は朝鮮半島情勢について米国の立場を説明すると共に、日本側の考えをただすことになるだろう。日米が共同歩調をとることになるのかどうか、鳩山政権の今後の対応が極めて注目される。

 極東地域をめぐる情勢は12年に向かって今後、緊迫の度を強めて行くことは間違いない。北朝鮮は国家目標「強盛大国」の目標年をこの年に定めている。金正日氏の後継者問題決着もこのタイミングをにらんでいるものと考えられる。北朝鮮の後ろ盾になっている中国では胡錦濤国家主席の共産党総書記の任期が12年秋に切れる。

 一方で台湾でもこの年には総統選挙がある。中国と台湾のリーダーの交代の可能性のあるこの年に、胡錦濤国家主席と台湾の馬英九総統が劇的な会談「胡馬会」が実現するのではないかという憶測が流れている。中台が劇的に近づくのではないかというのである。12年は米国のオバマ大統領にとっても再選をかけた大統領選の年になる。また韓国も大統領選の年ということになる。

 極東地域は12年という政治の節目を前に、さまざまな政治的な思惑が錯綜(さくそう)することになるだろう。そのときに日本の首相がだれになっているのかがもっとも予測しがたい。鳩山首相である可能性は極めて低いと思われるが、そこに至るまでに国際社会で日本が孤立してしまうのではないかと心配される。この外交的な危機は、すべて普天間基地の移設先をめぐる鳩山首相の迷走に端を発したことなのである。

(政治ジャーナリスト、日本経済新聞客員コラムニスト)

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

生活情報紙・オアシス

オアシス
暮らしの身近な情報満載

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

   
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.