天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > 田勢康弘 愛しき日本 > 記事詳細

連載

 
 
 

謎の「鳩」

2010/03/14

正体はカモかチキンか

 ロシア人はアネクドートといって政治的小話を好む。共産主義時代の旧ソ連には、おもしろい小話があふれていた。風刺のレベルが高いか政治のレベルが恐ろしく低いかでないとこの手の小話はつまらない。日本では気のきいた小話はあまりなかったが、鳩山政権になってついに現れた。インターネット上で評判になったのでご存知の方も少なくないだろう。「謎の鳥」と題するものである。

  〈日本には謎の鳥がいる。正体はよく分からない。中国から見れば「カモ」に見える。米国から見れば「チキン」に見える。欧州から見れば「アホウドリ」に見える。日本の有権者には「サギ」だと思われている。オザワから見れば「オウム」のような存在。でも鳥自身は「ハト」だと言い張っている。それでいて、約束したら「ウソ」に見え、身体検査をしたら「カラス」のようにまっ黒、釈明会見では「キュウカンチョウ」になるが、実際は単なる鵜(う)飼いの「ウ」。私はあの鳥は日本の「ガン」だと思う〉

  いかがですか。おもしろい、とひざを打って、しばらくして急に日本の先行きが心配になったりしませんか。何を考えているのかさっぱり分からないこの国の総理大臣を見ていると、不安にならないほうがおかしい。とりわけ、5月末には絶対に決めると言い張っている沖縄・普天間基地の移設問題。口を開くたびに言うことが変わる。何を考えて自信たっぷりなものの言い方をするのか分からない。どうも何も考えていないのではないかと疑いたくなる。

  弟の鳩山邦夫氏は兄上についてこう述べている。「兄は努力家です。しかし信念の人ではまったくないと思います。自分の出世欲を満たすためには信念など簡単に犠牲にできる人です」(文藝春秋2009年8月号)。先日、ある閣僚が筆者にこう言った。「官邸をどうすればいいと思う?」。意味するところは国家運営の最高責任者としての資質に疑問を感じているということなのだ。

  吟味すると異なる問題であっても似たような対応をすることが多いのに気がつく。だれが考えてもこの辺が落としどころだろうという選択肢を、はじめに否定してしまう。だから、発言がくるくる変わり、迷走してしまうのである。普天間移設問題でいえば「国外、県外」と発言することで沖縄の可能性を排除してしまっているのである。総選挙以降、さんざん沖縄以外とあおっておいて、いまさら沖縄で決着というわけにはいかないだろう。

  財政問題もよく似ている。4年間は消費税を引き上げることはしない、と宣言しておいて、財政再建を議論することの空しさを感じるべきだ。いかにムダを削ったとしてもそれだけで財政再建を図るのは無理だということはだれにでも分かる理屈である。消費税増税が不可欠なのに、その選択肢をはじめにつぶしてしまう。この大衆迎合主義が、日本をつぶしてしまうかもしれないのだ。

  鳩山首相は日米同盟関係は重要だ、という。沖縄の県民感情を大事にしたいともいう。そのうえで連立を組む社民党、国民新党とも十分相談すると力説する。どう考えても成り立たないことを平気で口にし、最近では日本国民全部が納得してくれるような解決を、などと口走った。それならば、「県外」そのものも否定することになるのである。

  しばらくは鳩山政権の出方を見守ろうとしてきた米国も、いまは当惑しているように見える。5月連休に小沢一郎民主党幹事長が訪米の意向を示していることについて「オザワは普天間を解決しに来るのか」とかつて日米摩擦解消にらつ腕をふるった小沢幹事長に期待し始めているようなのである。いかに実力幹事長であっても、米国が歓迎するような形での決着は難しいだろう。すべての可能性が消え去ったときに、日米関係はどうなるのか。日本という国家の統治能力への国際社会の疑問はさらに強まるのではないか。

  この原稿を書いているさなかの12日夜、東京都内で「大平正芳生誕100年祭」のパーティーが行われた。大勢の政界関係者、ジャーナリストらが集まり、政権交代後の現在の政治状況があちこちで話題になっていた。いまの政治を見ていると、つくづく大平氏を含めた「三角大福中」と呼ばれたリーダーがそろっていた時代のすごさを感じる。激しい権力闘争の中にも、国を率いることへの使命感や情熱が感じられたものである。

(政治ジャーナリスト、日本経済新聞客員コラムニスト)

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.