天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > 田勢康弘 愛しき日本 > 記事詳細

連載

 
 
 

民主党

2009/12/21

「鳩山・一郎」政権なのか

 初めて高速道路に乗るドライバーのようなものだから、民主党政権が多少混乱するのは大目に見るべきだ、と思ってきたが、このところどうも様子がおかしい。逆走しているように見えるのである。鳩山由紀夫首相の指導力がさっぱり見えず、小沢一郎幹事長の存在感だけが異様なほど大きい。首相の「私が決めます」という言葉は、国民ではなく小沢幹事長に向かって放たれた言葉のように見えてきた。

  政権交代実現の大きな要素だった民主党のマニフェスト(政権公約)。何があっても実現する、と首相以下意気込んでいたが、「党というよりも全国民からの要望」という小沢幹事長の鶴の一声で、様子が変わってきた。ガソリン暫定税率は「廃止」から「存続」へ。子ども手当は全員対象から「所得制限」へ。親の収入が年収2千万円以下ということになりそうだ。高速道路建設では、これまでの慎重な姿勢から一転、積極推進へと舵(かじ)を切ったかのように見える。

  元自民党の建設族の軸だった小沢氏は、道路建設推進で、自民党の支持基盤を引きはがし、民主党支持へと変えさせる大勝負に出たと見られている。自民党や道路建設関係者からは「小泉政権以前の自民党に戻った」という声が出ている。ことごとく民主党のマニフェストやこれまでの主張に反しているが、なぜこのような方向転換が必要なのかの説明はない。予算編成に絡む陳情は幹事長のもとで取りまとめ、一括して政府に伝えるということになっていたが、どのような陳情があったかも明らかにされておらず、陳情に基づくものとはいえないようだ。

  鳩山政権は、実は「小沢政権」だったのか。「鳩山・一郎内閣」などと揶揄(やゆ)する声も聞こえる。政策には関与しないとしてきた小沢氏だが、このところの予算編成に関しては、事業仕分け人の入れ替えから、今回のマニフェスト変更にかかわるものまで、終始、小沢幹事長の指示、意向通りに進められてきた。内容については事前にだれも知らないので、鳩山首相をはじめとして、みな右往左往するだけだ。

  その小沢氏があえて何もしていないのが、最大の難問である普天間問題だ。小沢氏は外交に関心がないはずはなく、あえて鳩山流の日米関係見直しの行く末を見守っているのではないだろうか。小沢氏もまた、国連中心主義を唱えたり、現状の日米関係には相当、違和感を感じているようだ。鳩山首相が日本、米国、中国が等距離の関係を考えているとすれば、何もいま止めることはない、そのままいくようならそれでいいし、うまくいかないならポスト鳩山を用意すればいいだけの話だ、とふんでいるようにも見える。

  小沢氏の政治歴を振り返ってみると、常に自分の考え通り進んできた。もちろん、誤算や挫折もたくさんあっただろうが、だれかのために、徹底的に尽くすとか、懸命に支えるというようなことはほとんどしなかった。田中角栄元首相の秘蔵っ子で、先日も命日に新潟へ墓参りに行ったが、政治家としては田中氏に後ろ足で土をかけるようにして「竹下派」旗揚げに参画した。姻戚関係の竹下登、金丸信両氏との関係も波乱に満ちたものであった。

  その小沢氏には鳩山首相を支えるという意識はほとんどないだろう。自分は民主党、しいていえば、日本のために幹事長としてやるべきことをやっている。首相の人気がどうだこうだというのは自分には関係のない話だと考えているに違いない。それに対して鳩山首相は、あらゆることを断定的にいう癖があるので、首相の考えが小沢氏によってことごとく粉砕されてしまっているように見える。これでは正常な意思決定はできない。

  権力の中心はあくまで憲法の規定によって首相に選ばれた鳩山氏であり、小沢幹事長が中心であってはならない。政権交代によってせっかく政治の景色が大きく変わり始め、事業仕分けなど、自民党政治と異なる手法に多くの国民が期待を抱いている。そのさなかに、マニフェストはくるくると変わり、首相は毎日、何かの弁解に追われているという姿は、あまり見たくない。鳩山首相の「自分が決める」という言葉に期待をかける人は激減しているだろう。どうにも首相がリーダーシップを発揮できないのは、「鳩山家の子育て支援」などといわれる総額9億円の実母からの献金問題で、きちんとした説明をしていないからではないか。就任3カ月でこの状況は寂しすぎる。
(早稲田大学大学院教授、日本経済新聞客員コラムニスト)

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.