天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > 田勢康弘 愛しき日本 > 記事詳細

連載

 
 
 

新味と継続

2009/09/20

メリハリある政策を

  鳩山由紀夫政権が誕生した。わが国の歴史で初の本格的な政権交代である。そのきっかけの一つが「自民党にお灸(きゅう)を」という程度の「覚悟なき投票行動」だったとしても、政権交代の意味は大きい。「投票による革命」というべきかもしれない。見通せる将来、自民党が再び政権の座につく可能性は極めて薄いだろう。だとすれば、われわれはこの「若葉マーク」の政権が国の針路を間違わぬよう育てていかなければならない。

 政治や政治家を見る目、あるいは政治に関する常識、そのほとんどは自民党政権時代に培われたものである。その基準で政権交代後の政治を判断することが果たして適当かどうかもよくわからない。鳩山政権の船出に当たって、メディアが期待よりも不安ばかり書き立てるのは、政権公約にならべた政策が、あまりにも自民党政権時代と違うからだろう。

 安倍内閣時代、参院選で民主党が圧勝したとき、民主党の大幹部の一人は「政権交代をかけた大勝負は衆参同時選挙が予想される2010年」と言い切ったものである。そのころ、政権交代がこれほど早く実現するとは思っていなかったのだ。そのころ打ち出したマニフェストの流れがそのままいまに続いている。いささか現実離れしているのは「まさかこんなに早く」政権の座につくとは思っていなかったからだ。

 新政権の不安を指摘すれば、紙幅がいくらあっても足りない。「対等な日米同盟関係を築く」とは何をやろうとしているのか。日本の義務だけを盛り込んだ片務条約と呼ばれる日米安全保障条約を基礎にした同盟関係で「対等」とは何か。安保廃棄なのか、また「核の傘」から抜け出ようというのか。アメリカの神経を逆なでして同盟関係が維持できるのか。

 800兆円もの借金を抱えているのに、民主党の政権公約には、おいしい話がずらりとならぶ。どこにそんな金があるのか。貧しい人にお金を配る義賊にたとえて「ロビンフッド・スキーム・アドミニストレーション(ロビンフッド型政権)」と欧米各国でいわれるのは、借金返済にふれていないノー天気な政策と揶揄(やゆ)しているのである。

 高速道路無料化や児童手当など、民主党に票を投じた人たちの中でも違和感を覚えている人は少なくない。中学生以下の子供がいない人や、車を使わない人たちから見れば、あきらかに不公平であり、事実上の増税になるからだ。渋滞する高速道路で、鮮度が命の生鮮食料品は、時間内に目的地に到着しない恐れがある。流通ルートの混乱は、価格の引き上げにつながりかねない。

 なかでもCO※(二酸化炭素)の排出量25%削減は経済界の猛反発にあっている。「その通りにやれといわれても、どうすれば実現可能なのか、やる手段がない」と怒り心頭に発している。日本の産業の息の根を止めかねない重大な政権公約なのだ。欧州が積極的に評価をしているが、そこにはおだてあげて日本の国際公約として既成事実化してしまおうという思惑が見え隠れしている。

 「脱官僚政治」。言葉は美しく、これに真っ向から反対するのは難しい。近代国家建設には、日本の官僚制度が重要な貢献をしてきたことは確かだ。もちろん、いいなりになるのは間違っているが、日本最大のシンクタンクの霞が関を使わないのはおかしい。大事なのは最後の意思決定は政治家がする、ということであり、すべて政治家がやろうとしても、経験も情報量も官僚にかなうはずはない。

 不安をずらりとならべたが、だから民主党政権はうまくいかないだろうなどというつもりはない。国民を説得することができれば、まったく新しい政治を創造することが可能になるかもしれない。政権が代わるということは、こういうことなのか、と国民が感じるようなことができるかもしれないのだ。すなわち、これまでのしがらみから脱する「断絶」と外交のように国際社会から信頼されるような安定感のための「継続」。

 この微妙なバランスが大事になってくる。民主党は選挙で掲げたマニフェストを忠実に実行することが責任と肩に力が入っている。政権の座についてみて、あらためて検討すると、もっと現実的に対応したほうがいいものや、方向を変えたほうが国益にかなうというものも出てくるだろう。そこで、切り替えられるかどうか。そのことを国民に説明できるかどうか。この微妙な舵(かじ)取りができるかどうかに新政権の命運がかかっている。

 (早稲田大学大学院教授、日本経済新聞客員コラムニスト)
※は上付きの2

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.