天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > 田勢康弘 愛しき日本 > 記事詳細

連載

 
 
 

福田総理辞任

2008/09/04

「ずれ」修復できぬまま

 三十六年間に二十人の内閣総理大臣の辞め際を見てきた。佐藤栄作氏から福田康夫氏までである。当たり前のことだが、就任時は晴れがましさに包まれている。辞め際は総じて哀[かな]しい。それだけにその人物の人間臭さが出る。世間の関心が急速に萎え、それぞれの人物を「なるほど総理大臣」と思わせていたオーラのようなものが消えてゆく。コンサートが終わったあとの、ロビーに飾られたままの生花のようなやるせなさだけが残る。

  福田さんはいずれ総理を辞める気だな、と感じたのは、八月の中ごろ、総理公邸の住居部分で二時間ほど二人だけで話をしたときだ。話し好きで情熱家。こちらが口をはさむ間が見つからないほど、ポンポンと言葉が飛び出す。「あなたが来る直前に、麻生太郎幹事長がここへ来てね。解散はいつにしますか?て聞くから、まだ(衆議院議員の任期切れまで)一年もあるんだから、そのうち相談しましょうや、といっておいた」。

  「ぼくの任務はね、少しでも安定した政治を次の人につなぐこと。だってね、ぼくは総理・総裁を目指したことなんか一度もなかったんだから。だけど、弟分の安倍晋三さんがああなっちゃって、総裁選に出てくれ出てくれ、で。背水の陣内閣っていったでしょ」。私はまだ、半分はジャーナリスト、こんなに危ないことをいってしまっていいのかな、と心配になるぐらいであった。

  夏休み中とはいえ、公邸にはひっきりなしに人が訪れる。ほかの人とは鉢合わせしないような建物の構造になっているが、あまり長居してもと立ち上がりかけると、福田さんは別の話題を持ち出す。そのうち夫人が天重を二つ持ってきてくれた。出来たばかりで木の香の残る迷路のような公邸で福田さんは玄関まで出てきて見送ってくれた。また、来て、とはいわなかった。不思議なほどさばさばしていた。それにしても辞めるのは年を越してから、と思った。

  福田政権には初めからさまざまなずれのようなものが存在していた。福田康夫という人間の本来の性格とイメージのずれ。小泉純一郎さんのようなわかりやすさに慣れてしまって、福田さんの面白さがメディアを通して伝わらなかった。逆に「他人事みたいに話す総理」というイメージが定着してしまった。福田さんの話し方は、東京の山の手の知的な家庭で育った人の典型だ。小泉さんは横須賀のやや荒っぽい話し方だ。

  小泉さんより先に福田さんが総理になっていれば、違った印象になっていただろう。「遅れてきた総理」としての時代とのずれ。怒りっぽい総理、という印象も消えなかった。辞任の記者会見で「他人事のようだ」といわれて「私は自分を客観的に見ることができる。あなたとは違う」とキッとなった。総理を辞めるという重大な会見で「他人事みたい」といわれたら、私ならもっと怒る。

  最近は無礼な質問をすることがジャーナリストの勲章のように誤解しているむきがある。辞めなければ「政権の座にしがみつく」というだろう。辞めれば「無責任に投げ出した」と批判する。内閣を倒すといっていた野党までが「無責任だ」と批判しているのはおかしくはないか。なぜ、倒した、と喜ばないのか。また、だれも「潔い進退」と評価しないのはなぜなのか。

  見せ掛けだけの権力批判は何の足しにもならない。「これでは国民は納得しない!」とテレビで叫ぶだけでは何も変わらない。調査報道で事実を明らかにする本来のメディアの任務を放棄して、「国民」を盾にしているだけでは何もそこから生れない。そもそも「国民」とはだれのことか。国民といっても利害は一様ではない。対立することも多いのだ。世論調査の内閣支持率だけで政治が決まってしまうなら、コンピューターに政治をまかせてしまえばいい。

  「政治は堅い板にじりっじりっと穴をあける作業、というマックス・ウエーバーの職業としての政治の中の一節はどうですか」。臨時国会で行う総理所信表明演説にどういうことを盛り込んだらいいか、と官邸サイドからメールで問い合わせがあったのでそう答えた。「福田総理にぴったりです」と返事がきたが、演説が完成する前に辞任表明となってしまった。永田町ではこれからまた「次の辞め際を探す人」選びに入る。私にとって二十一人目の内閣総理大臣である。

(早稲田大学大学院教授、日本経済新聞客員コラムニスト)

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

生活情報紙・オアシス

オアシス
暮らしの身近な情報満載

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

   
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.