新瀬戸内海論 島びと20世紀
四国新聞ニュースサイトへ 
HOME > 連載 > 島びと20世紀
 20世紀。日本人は何を失い、何を得たのか。その軌跡を瀬戸内海の島びとを縦糸に探ったシリーズ。咸臨丸の太平洋横断の航跡を追った「塩飽の海人たち」、昭和30年代の写真集を手がかりに島々の今昔を訪ね歩いた「中村由信の世界」、産業廃棄物をめぐって奇妙な因縁に結ばれた二つの島の実像に迫る「豊島と直島」、人口が増えている不思議な島や高齢化日本一の島にスポットを当てた「視線は高く」の4部構成。

プロローグ

第1部 塩飽の海人たち(2000年1月3日付〜1月20日付四国新聞掲載)
 1.  ある情熱  2.  優れた操船術
 3.  出航前夜  4.  転覆寸前
 5.  100年目の真実  6.  出会い
 7.  新技術吸収  8.  新しい国
 9.  流転 10.  風雲児
11.  オランダ留学 12.  人名の解体
13.  海から陸へ 14.  大工養成
15.  海員学校 16.  人名の遺産
17.  末えい離散  

第2部 中村由信の世界(2000年3月21日付〜4月13日付四国新聞掲載)
 1.  名もなき人へ  2.  お医者さん(上)
 3.  お医者さん(中)  4.  お医者さん(下)
 5.  駐在さん(上)  6.  駐在さん(下)
 7.  郵便船  8.  乗り合いバス
 9.  漁師の子(1) 10.  漁師の子(2)
11.  漁師の子(3) 12.  漁師の子(4)
13.  産婆さん 14.  漁業組合長
15.  タイ網の網元 16.  灯台守夫婦
17.  カアチャン  

第3部 豊島と直島(2000年7月10日付〜7月25日付四国新聞掲載)
 1.  くしき因縁  2.  離島にあらず
 3.  運命共同体  4.  製錬不況
 5.  石とともに  6.  逆転
 7.  遠い香川(上)  8.  遠い香川(下)
 9.  繁栄の代償 10.  養殖王国
11.  二つの布石 12.  イチゴ栽培
13.  再出発  

第4部 視線は高く(2000年10月16日付〜2000年11月1日付四国新聞掲載)
 1.  子だくさん−家族諸島(1)−  2.  坊勢の誇り−家族諸島(2)−
 3.  兄弟分−家族諸島(3)−  4.  反骨−家族諸島(4)−
 5.  夕鶴の島−家族諸島(5)−  6.  デポジット−姫島−
 7.  漁村留学−野忽那島−  8.  住民発議−小豆島(上)−
 9.  童謡のふるさと−小豆島(下)− 10.  高齢化三冠王−屋代島−
11.  生涯現役−沖家室島(上)− 12.  大往生−沖家室島(下)−
前へ戻る 画面上部へ
Copyright (C) 2000 THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
サイト内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。