21世紀へ残したい香川 読者から公募した「残したい香川」の110選を順次紹介。
HOME > 連載 > 21世紀へ残したい香川 > 茶がゆ(志々島など)
茶がゆ(志々島など) 心に染みる淡泊な味
昔懐かしい釜で炊きあがった茶がゆ。貴重な米を食い延ばすために先人が生み出した知恵の結晶だ=詫間町志々島
昔懐かしい釜で炊きあがった茶がゆ。貴重な米を食い延ばすために先人が生み出した知恵の結晶だ=詫間町志々島

 詫間町役場前の宮の下港から定期船に乗ると、約二十分で塩飽諸島の一つ、志々島に到着する。周囲四キロの小さな島には、発酵させた茶を煮出して作る「茶がゆ」を食べる習慣が今も残されている。それは、貧しかった漁村の暮らしが生んだ生活の知恵だという。

 今回、島のおばさんたちが腕によりをかけて茶がゆを振る舞ってくれた。「私らが一番貧しかったころの食べ物かねえ。そりゃあ毎日食べてたよ」。食料品店を営む上田富子さん(77)が言うと、「そうそう。おいもさんやお豆さんを入れてね。季節ごとに具が違うんだよ」と話の輪が広がる。

 田んぼがなく米が採れない塩飽の島々では、古くからこの茶がゆを常食としていた。米は魚を売って手に入れる貴重品。茶がゆは米を「食い延ばす」ための手段だった。男は漁、女は畑仕事という日常の風景。 飯時には具だくさんの茶がゆをかき込み、仕事に精を出した。中身の米はわずか。「日に四回食べるのが普通だったよ。なんせすぐに腹が減るんだから」。おばさんたちが口をそろえた。

 作り方はシンプル。釜に湯を沸かして高知県大豊町産の「碁石茶」を煮出し、米とサツマイモを入れて三十分ほど煮込めば出来上がり。調味料による味付けは一切しない。碁石茶の深い渋みが唯一の風味だ。

茶がゆの「だし」となる高知県大豊町産の碁石茶
茶がゆの「だし」となる高知県大豊町産の碁石茶
 碁石茶は茶葉を乳酸発酵させて作る珍しい茶。色は黒く、ウーロン茶のような香りがする。水道が普及する以前、塩分を含んだ井戸水はおかゆには向かなかったらしく、試行錯誤の末に碁石茶を煮出すやり方に落ち着いた。まさに先人の知恵の結晶というわけだ。

 貴重な米を食い延ばすために考え出した茶がゆ、回数でカバーするため一日四度の食事。「そんな時代もあったんよねえ」と上田さん。何とも淡泊な味わいだが、飽食の時代に育った私たちには染みる味だ。腹も胸もいっぱいになった。

 十一月も末になると、吹きつける潮風は冷たい。現在、志々島の人口は五十人足らずで、ほとんどが高齢者。往時には千人を超す住民でにぎわった島も、押し寄せる過疎化の波は避けるべくもない。が、急な坂道をすれ違う人たちの表情に暗さはない。ここを終(つい)の住処(すみか)と決めた強さだろうか。

炊きたての茶がゆをフーフー吹きながら頬張る。独特の渋みが口中に広がっていく=詫間町志々島
炊きたての茶がゆをフーフー吹きながら頬張る。独特の渋みが口中に広がっていく=詫間町志々島
 定期船の本数は少ない。帰り道、宮の下港行きには時間が合わず、お隣の粟島経由で須田港へ着いた。宮の下港まで歩くには骨が折れる。車で見送りに来ていた初老の男性に声を掛けると、快く乗せてくれた。聞くと粟島の公民館長さんだという。「志々島に行ってたんかい。今度は粟島にも来てくださいよ。いろいろ紹介するから」。ぜひ近いうちに、と約束した。

文・黒島 一樹(観音寺支局)  写真・久保 秀樹(写真部)

    
<<一覧へ ▲画面上部へ
Copyright (C) 1999-2002 THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
サイト内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています
四国新聞ニュースサイトへ