天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > 瀬戸内物語 北川フラム > 記事詳細

連載

 
 
 

瀬戸内物語 北川フラム

旅の提案 五感全開の体験を

2018/06/04

「続膝栗毛 初編 金毘羅参詣膝栗毛 上」より一部抜粋(出典=国立国会図書館ウェブサイト)

「続膝栗毛 初編 金毘羅参詣膝栗毛 上」より一部抜粋(出典=国立国会図書館ウェブサイト)

 1810(文化7)年、十返舎一九は「続膝栗毛 初編 金毘羅参詣膝栗毛」を発行しました。

 「私が若い頃、一時大阪に居た時、高知に用事があって船で行ったついでに象頭山に参詣し、善通寺、弥谷を回ったが、見所が多く、今でもその事を思い出すと感慨深い。さて、この「膝栗毛」は去年で終了したのだが、発行元は私が常に金毘羅さんを信仰している事を知っているので、せめて金毘羅さんへの紀行を書けと勧められた。金毘羅さんへの地理行程はよく知っているが、地元の方言とか風俗には自信がないと辞退したのだが、再三の依頼を断れずにこの本を書いた。色々と言われたが職業として書くと言うのも申し訳ない次第である。」

 (現代語訳出典・三水会ホームページより)

 弥次郎兵衛、北八は伊勢参りのついでに浪花に来て帰国の準備をしているのですが、相宿になった五平太に誘われ、道頓堀の船宿大黒屋から讃岐に向かいます。風上でした小便のしぶきが顔にかかったり、その騒ぎの中で煙管(きせる)の火が合羽(かっぱ)に落ちて燃えだしたりのドタバタがあっての出発ですが、ここで出てくる歌がよいのです。航海の感じが実によく出ている。

 腹鼓 うつ浪の音 ゆたかにて 走るたぬきの こんぴらの船

 仙人の 住むかは知らず 霞より 吐き出したる 鉄塊の峯

 前回述べたように西宮、御影、神戸、須磨、和田岬、烏岬の中国寄りの一般的コースを通り、鞍掛島、家島を望んで進みます。室の津で死んだ五平太を埋葬しようとし、丸亀に向かうのですが、「室よりこのところまで二十三里に近し」とあるように距離がちゃんと記してあって、宿泊地の情景描写とともによい旅案内になっているのです。

 ここからは下品な話が多く、書き写すのはやめておきますが(でも実は私は下品な話が好きですが)、下駄屋さんが下駄の歯を入れ歯にしたりと、今風の漫才師も顔負けの念の入りようだ、と報告しておきます。

 さてこの間、次回の公募を念入りに見ていて感じたことですが、具体的な作品や演劇のほかに、お客さんが地元にどう引かれるかという提案が多かったのには驚き、うれしかったです。その中に、わずかではありますが旅の仕方についての提案があって、それはお遍路さんをヒントにしたもので、いくつかありました。いよいよ提案者も芸術祭に来るまで、あるいは、来てからの動き方について考えだしてくれたのに、この芸術祭の人気のほどが知れるのでした。

 つまり目的としての御本尊(アート作品)はあるのですが、旅籠(はたご)、そのもてなし、出会う人、町の様子等々。そこに人々の生活と、日常の立ち振る舞いと、それぞれのお国丸出しの様子が織りなす人間模様。

 景色の見られない新幹線、一瞬で着いてしまう飛行機によってお客さんが高松港に来られるまでにはそのようなことがなくなってしまった当今、私たちが努力すべきは、芸術祭に来てからの目、舌、香り、手触り、足の感触、風や木や波のさざめきの五感全開の体験を味わっていただくことだと、公募を拝見していて思ったことを報告しておきます。もちろん、御本尊にも力作が多かったです。

 (アートディレクター)

前に戻る
47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

生活情報紙・オアシス

オアシス
暮らしの身近な情報満載

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

   
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.