天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > 瀬戸内物語 北川フラム > 記事詳細

連載

 
 
 

瀬戸内物語 北川フラム

(8)被災地の海の仲間たち 海と共に生きる決意

2011/08/27

津波に襲われた仙台で開かれたシンポジウム「海と共に生きる〜大震災からの復興を目指して〜」=23日、仙台市青葉区のホテル

津波に襲われた仙台で開かれたシンポジウム「海と共に生きる〜大震災からの復興を目指して〜」=23日、仙台市青葉区のホテル

 この8月23日、仙台で「海と共に生きる〜大震災からの復興を目指して〜」というシンポジウムが開かれ、国土交通省、水産庁、宮城県の担当部署から、震災後の活動、今後の復旧・復興計画が報告されるとともに、石巻水産市場の社長、造船所の社長、気仙沼市の工務店社長が、元気のいい活動と決意を述べられました。この時の基調講演が「瀬戸内国際芸術祭」についてで、私が招かれました。今回はその話をしましょう。

 東日本の震災については、その地震の大きさも希有(けう)のものでしたが、その津波の大きさは未曽有のものでした。2万人の死者・行方不明者のほとんどが、津波の被害者であること、地域全体に何も残っていないこと、その映像が日本だけでなく世界全体に同時刻に流されたことで、私たちの文明・科学の持つ射程と限界を思い知らされ、世界中の人々が共通の土俵でものを考えるようになっています。

 さらに、ここでは詳しく触れませんが、福島の原子力発電所の事故と溶融は、文明・科学そのものの根底を考えざるを得ない、深刻な問題を私たちに投げ掛けています。3月27日の瀬戸内国際芸術祭の総会で急きょ、実行委員会は同じ問題を抱える日本の地域として、この震災のもたらしたものを捉え、東日本の被災地とつながるために、資金・物資・人力の援助をし、やがて来る日のために就業の場、宿泊の場を用意する動きに入りました。香川県、高松市、小豆島町などの迅速な活動については、すでに報告した通りです。

 この震災復興シンポの基調講演に、瀬戸内国際芸術祭が選ばれた意味は大きいと思います。親や家族、同僚の中に必ずといっていいほど、亡くなった方がおられるのに、地元の「ハマ」で活動している人は、海を怨念の対象として語ってはいません。怖い、恐れる海ではありますが、それはまた生きる場であり、恵みの源であり、生命の母であることを等しく語っておられるのです。深く悲しみながら、そこで生きていくことが残された者たちの責任であり、亡くなった人々から託されたことだとも語っておられます。このシンポでも、現地の「海の人」は海に関わってこられた分だけ生きることに深く、強いのだと思わずにはいられませんでした。

 その人たちが「希望の海を目指し、海の復権を掲げ、おじいちゃん、おばあちゃんの笑顔が見たいと、アートを契機として海・島の資源を再発見し、それを寿(ことほ)ぎ、磨こうとした」瀬戸内国際芸術祭と連帯し、それを炬火(のろし)としてくれた意味は深く、ありがたいことだと思っています。

 思えば、リアス式海岸の多い今回の東北太平洋沿岸は、飛び石のようにして南洋のジャワ、フィリピン、台湾、沖縄、瀬戸内、熊野の海人(アマ)といわれる漁民たちが上っていった土地でした。熊野神社や鹿島神社が多いし、信仰も深いのです。その地はまた、北の大地から降りてきた人たち、あるいは津軽海峡を渡ってきた日本海側の人たちと混ざり合い、独特の技術を育み、生活を営んできた地域でもあります。強力な遠洋マグロ船団の存在は、彼らの技術と意気なくしてはあり得なかったでしょう。実際、排他的経済水域(いわゆる200海里法)が設けられて以降の苦労は大変なものでしたが、それでも世界三大漁場を舞台にしての活躍は素晴らしいものでしたし、震災後の現在、市場も造船も、当然、漁師たちの覚悟はしっかりとしているのでした。

 瀬戸内国際芸術祭の話はまだピンときていないように思われました。しかし、それは残念なことではありません。頑張る前に人間は深く哀(かな)しむしかないのですし、深く悲しむところからしか、次の活動は出てこないでしょう。今はその途中なのです。しかし、瀬戸内の試みを参考にしようという人がいます。彼らの悲しみにも、次の行動にもつながりたいと思います。

(アートディレクター)

前に戻る
47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

生活情報紙・オアシス

オアシス
暮らしの身近な情報満載

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

   
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.