天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > 瀬戸内物語 北川フラム > 記事詳細

連載

 
 
 

瀬戸内物語 北川フラム

(78)新しい芸術祭 地域密着型が大きな流れに

2017/07/29

パトリック・トゥットフオコ(イタリア)の「龍(たつ)」。長野県大町市内のアートエリアは連日多くの来場者で賑わう(撮影・たつみかずき)

パトリック・トゥットフオコ(イタリア)の「龍(たつ)」。長野県大町市内のアートエリアは連日多くの来場者で賑わう(撮影・たつみかずき)

 今年、二つの芸術祭に関わりました。今週で終わりを迎える長野県大町市での「北アルプス国際芸術祭」(6月4日〜7月30日)と、9月3日から50日間、石川県珠洲市で開催される「奥能登国際芸術祭」です。

 また、応援しているものに22日から始まった宮城県石巻市での「Reborn―Art Festival 2017(リボーンアート・フェスティバル2017)」があります。

 リボーンアート・フェスティバルは音楽家の小林武史さんが自力で立ち上げたもので、11年3月11日の東日本大震災復興のための壮大な作業です。もちろん音楽の大コンサートが中心となるものですが、美術家も参加するので楽しみです。小林さんは大地の芸術祭や瀬戸芸にも来られて、美術の働きに感ずるところがあったそうです。

 また、小林さんが出演した昨年の「円都空間 in 犬島」公演には感銘を受けました。そういえば、第1回の瀬戸芸終了後の実行委員会の総会の際に、東日本大震災の手伝いにいこう、そこからの人を気持ちよく受け入れようとの決議をしました。その後に県庁の人々とともにこえび隊が向かったのも石巻でした。

 さて、本題は新しい芸術祭のことでした。言ってみれば私にとってよそに出向き、あるいは他人の飯を食べてくるといった感じなのですが、それによってわかったことがたくさんありました。

 大町の芸術祭は出発の段階から厳しいものがありました。その分スタッフの心構えが良かった。小さな市だし、場所柄、サポーターもそれほど見込めない。市職員が制作・運営の陣頭に立ちました。市民と市役所職員の街中での接触面が増えてきて、市民も行政の人々を直接知るようになり、行政の中の風通しも良くなりました。300人の職員が延べ2000人工出動したのです。

 瀬戸芸でも前回は県や市のスタッフが現場にかなり出ていて、県民の一体感が増していきました。これが一つ目です。

 二つ目は大町という名前も知らなかった来場者が、北アルプスと「豊かな水」を一緒に捉えて大町の持つ爽やかな空気のファンになりました。現代アートの愛好者が瀬戸芸ファンになり、地域のファンになっていった過程が大町でも起こり始めていきました。瀬戸内の特質をもっと大胆に、鮮明に出していった方がよいと思ったことです。

 初めてのこともあり、予算にも限りがあることから、大町では主に五つのエリアに限って作品を展開したため、コンパクトな動きができたことと、バス、タクシーの柔軟な対応ができたことが挙げられます。

 この動きを世界でも最大規模の瀬戸芸のなかで作っていけるか、これが大変な課題です。お客さんは多くを見、全体を知りたいと思ってはいるのですが、同時にコンパクトに動きたいとも思っています。画期的な方策をつくっていかなければならないと切に思いました。

 私は今まで10を超える芸術祭に関わってきました。その一回一回の成果と反省を直ちに次の芸術祭にバトンタッチしていくことで、日本における地域密着型の芸術祭が世界的に大きな美術の流れを作り始めだしたように思います。

 大町市という人口3万人弱の市で学んでいったことは新しい観点・価値観を他に伝えていくだろうと思います。

 それにしても、瀬戸内ファンが信濃大町にたくさん来てくださったのには驚きました。特にサポーターに瀬戸芸経験者が多かった。瀬戸芸のサポーターは大地の芸術祭のサポーターでもありました。彼らはここでのサポーター・運営を率先して引っ張っていってもくれています。

 新しいファンを巻き込みながら、芸術祭ファンは少しずつ、世の流れを変えていっているように思われます。やわらかな、文化的な、センスのよい、さっぱりした繋(つな)がり。

(アートディレクター)

前に戻る
47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.