天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > 瀬戸内物語 北川フラム > 記事詳細

連載

 
 
 

瀬戸内物語 北川フラム

(62)瀬戸芸開幕 アートの元に人と文化の交流

2016/3/26

 瀬戸内国際芸術祭2016が始まりました。お客さんの入りもよく、広報もまだ新聞・テレビ・ラジオの範囲だけですが、評判は良いようです。事務局としては、これからが「運営」という来場者との接点をどう進めていくかが問われる場面が108日間続くので緊張します。どうにもならない業苦、宿命を背負った人々が最後に来るところ、四国八十八カ所の地域の人々が持ち続けてくれた優しい、温かなお茶の接待、善根宿などのおもてなしの心を持って、どうやっていけるのかが今回の最大で、重要な課題なのですから。

 私は開会からの2日間、それぞれの地域のオープニング式典に出る合間に作品を見て回りました。作品についてはいまだに凸凹はありますが、個々の作品についてはアドバイスをしたりして、それなりになったものも多いとの自負もありますが、今回は別のことを書くことにします。

 まずは、高松港。スタッフやこえび隊の諸兄・諸姉が深く現場に入っていること。ツアーや駐車場整理の関係者も丁寧な対応をしてくれていること。ベタベタしない、しかし親切な、おもてなしの精神が広がっていることを実感します。この世知辛い、お金一辺倒で角質化、ロボット化していく傾向にある風潮の中で、アートサイトに出掛けてくれる人々とのフェイス・トゥ・フェイスこそが原点だということが分かってきたのではないでしょうか。

 沙弥島会場では、食の評判がよくホッとしました。与島5島(櫃石島、岩黒島、与島、瀬居島、沙弥島)の人たちのそれぞれの郷土発表も良かったです。特に岩黒島の子ども獅子舞は昭和51年、岩黒小学校の佐藤正義校長が人口減で祭りが消滅することを憂い、子どもたちにダンボールで獅子頭を作り大漁旗を体にかぶせて、一人でダンス(あるいは体操)をするようにオリエンテーションをしたのが始まりだそうで、実に爽やかで楽しいものでした。この約40年間の岩黒小の卒業生たちは、みんな踊れるそうです。発表の最後に勢ぞろいした時、半数が女の子だったのにはびっくりしました。

 宇野港は高校生の活躍です。玉野高校、玉野商業高校、玉野光南高校の高校生が集まり、100人ほどが前日からの式典全体の準備に入っていました。私は見られませんでしたが、タップダンスは感動ものだったそうです。そこに海上からの切腹ピストルズの楽援隊が遊弋して、素晴らしいですね。宇野港「連絡船の町」プロジェクトの「撮り船」フォトコンテストの表彰式での、椎名誠さんと織作峰子さんによる「連絡船」についての話も良かったです。海をバックにするだけでも心が開かれました。

 それにしても春、まだまだ寒いです。高校生の活動は沙弥島の「坂出親子おてつ隊」のガイドに連なる地域の希望です。みんなに他の島にも行ってもらいたいと思ったことでした。

 2日目、女木島の強烈な作品たちを見た後、小豆島高校の惜敗を聞き、小豆島に渡りました。神浦のおもてなしには感激しました。豚汁のようなうまい猪汁・そうめん・キンカンジュースをごちそうになりましたが、集落の人々の芸術祭への期待がヒシヒシと伝わってきました。他の集落も元気なようで、ぜひ全部回りたいと思ったことしきりです。

 多くの国からサポーターがやってきています。国や組織からの派遣ではありません。そのほとんどは「じいちゃん、ばあちゃんの笑顔を見たい」「海こそ私たちの源、その復権」「美術をきっかけにした地域づくり」、そして作品と関係者の多様さに共感してくれている人たちです。3年に1度(やがては恒常的に)世界中の人々が瀬戸内にやってきて先端のアート作品を道標に、多様な人々と交流し、地域に根ざした生活文化を体験し、それぞれの故郷に帰っていく。政治・経済ではなかなかできない、文化のもつ身体全体にかえってくる体験をする場に瀬戸内の海がなることの端緒を感じました。まさに瀬戸内は希望をもった交流の海にスタートを切っています。その基本にあるものこそ、お遍路さんへのもてなしだと感じた次第です。

(アートディレクター)

前に戻る
47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

生活情報紙・オアシス

オアシス
暮らしの身近な情報満載

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

   
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.