天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > 瀬戸内物語 北川フラム > 記事詳細

連載

 
 
 

瀬戸内物語 北川フラム

(51)地域の成立と名産 食から地球を考える

2015/04/25

「瀬戸内全誌」勉強会の写真

 先週「瀬戸内全誌」という、個々の土地の生活、民俗、歴史を掘り下げ、それを地球全体のなかで位置づけようとする本のための勉強会がもたれました。

 ここで講師をされた神戸大学の巽好幸先生は、地球という火の玉に浮いている私たちが住んでいる地盤の研究について話され、大変興味深かったのですが、先生はまた食についても造詣が深く「和食はなぜ美味しい」(岩波書店)という本のなかで、タイが瀬戸内の代表的な魚である理由を説明しているほどなのです。それはプレートの沈み込みによって淡路島が隆起し、大阪湾と播磨灘・紀伊水道のあいだに明石海峡、鳴門海峡が出来上がり、紀伊水道や豊後水道から潮が満ちて来ると淡路島がダムの働きをして潮の流れをせき止めてしまう。これが海峡で渦になるし、またプランクトンが集まり、それを求めて甲殻類やイカナゴが寄ってきて、それをまたタイが食べに集まってくるという説明をしてくれました。

 ことほどさように、地域の成立と魚や植物の関わり合いが深く、それが食材となって地域の名産になり、料理になる。こういうことがこの芸術祭でよくわかるようになりました。会が終わった後、巽先生は楽しみにしていた街に出て行かれましたが、サワラのタタキは食べられたでしょうか?

 同じ日に、香川県庁の食や県産品に関わる担当の人たちが集まって勉強会が持たれました。野菜、果物、魚、畜産などです。香川県はこれから第1次産業に従事する人々に手厚い政策をとっていると私は思います。が、日本全体では生産者に対して、まだまだ考える必要があるとも思っています。

 とにかく私たちは鉄分が中心の約6千度の火が対流する上の皮1枚の上に乗っている生命なのですから、そこで何を作り、何を食べていくかが大切です。それが地球全体と極めて密接で、瀬戸内海地域はそのような考え方を根本から考える場所であれば良いと思うのです。

 ここでは全5種類あるキウイがセットになって商品化されたら、ぜいたくで美しいギフトになるなと思ったり、香川ブランドが本当に良い生産物として認知されるにはどうしたら良いかを考えていきたいと思いました。

 さらに同じ日に、私は香川県婦人団体連絡協議会の事務所に伺いました。県婦連としては、讃岐の伝統的なおふくろの味については責任がある、という自覚があり一肌脱ごうと思ってくださり、私はとてもうれしく敬意を持ちました。それも組織だけでやるというよりは、地域の元気な女性たちが参加してくれるのが望ましいということで、ますます頼もしく、進んでいるなあと思った次第です。

 そこで、野田法子会長が挙げられた料理の数々を私はメモできなかったのですが、伺っているだけでおいしそう。口の中が唾液でいっぱいになってきたほどです。お客さまに対して、メーンの食事はレストラン、食事処(どころ)、ホテル、旅館などの特色があるにしても、小鉢にはおふくろの味が出されたり、あるいは選べたりしたらどれだけうれしいことでしょう。それと並んで島のお母さん方に、四国側からの女性が加わってのもてなしがあったら、お客さんは大喜びです。

 話は変わりますが、芸術祭は県婦連に第1回目からお世話になりっぱなしです。ねぷたのような海あかり作品を総出で作ってくださったり、屋島でのお祭りに駆けつけてくださったり、女性が全面的に関わってくれるのも芸術祭の特色です。香川に芸術祭に来る人がいろいろな家庭の味をいただければ、それこそうれしい芸術祭になるでしょう。

(アートディレクター)

前に戻る
47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.