天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > 瀬戸内物語 北川フラム > 記事詳細

連載

 
 
 

瀬戸内物語 北川フラム

(46)連絡船は人生の岐路 すべては海から始まる

2014/11/29

宇野港 「連絡船の町」 プロジェクトの船上トーク×見学会

宇野港 「連絡船の町」 プロジェクトの船上トーク×見学会

 やがて始まる瀬戸内での芸術祭を意識して、サンライズ瀬戸で高松に着き、うどんを食べて直島に渡った初めての瀬戸内行き。岡山から児島を経て瀬戸大橋にかかる絹のぬめりのような靄(もや)が朝の光の中に薄れゆき、万象がその姿を現していく美しさは、夜行列車のまどろみから冷めていく私の生理の覚醒と響き合って、実に心持ちがおだやかで、眠りの中の夢と夢想を、ともに育むゆりかごの中にいるような感じがしました。賢治の「銀河鉄道の夜」のありかがわかったような気さえしたことを覚えています。私の瀬戸内への旅がこのような体験から始まったことを僥倖(ぎょうこう)のように大切に思っているのです。

 私の四国への最初の旅は40年ほど前、空路でした。この時は車を使いながら讃岐から土佐へのもので、どうして弘法大師は自ら「空海」と呼んだのかという素朴な疑問を抱えたゆったりとしたもので、室戸岬の巌頭に立ち、空と海しかない、ゆっくりと弧を描く水平線を望んだのでした。

 空海はそのかなたに世界と宇宙を感じたのかもしれない、そしてまた近代文明が危機をはらんだ20世紀初頭、ドーバー海峡の荒波を見下ろしながら、イギリスの詩人オーデンが「見よ旅人よ」と呼びかけ、「見る前に跳べ」と言った気持ちがわかったような気がしたものでした。すべては海から始まるのです。

 そして、実際に芸術祭に関わりだして、宮本常一の著作を読み、島から本土へ渡る人々や日本から海外に渡航する人々の手記を読むにつれ、まこと海は異世界への心躍る跳躍、はたまた海の向こうが断崖であるかのような不安に駆られるものであったことを知るのでした。ダンテの「神曲」を想(おも)うのです。

 現代思想界に影響を与えた社会人類学者のフランス人、レヴィ=ストロースが最初にブラジルに渡る時の話を引きます。

 「乗船者は、見送りに来た近親や友人たちからまったく遮られ、兵士たちに小突かれたり怒鳴られたりしながら、別れの言葉もおちおち交わしていられなかった。その兵士たちの人垣をくぐり抜けながら、ようやく私にも事態が呑(の)み込めてきた。そこに始まろうとしていたのは、まさしく乗船者一人一人の孤独な冒険であった。」(悲しき熱帯)

 これは宇高連絡船が唯一の重要な交通手段であった時の光景でもありました。青函連絡船を含めて連絡船は人々の喜怒哀楽が混雑の中に交錯するいわば人生の交差点であり、それは例えば川を渡る佃の渡しでも似たようなドラマがあったことを想像させるものでもありました。

 先日11月9日に、私たちは四国フェリーに乗って1時間のイベントを楽しみました。昭和63年に幕を閉じた宇高連絡船は、宇野港と高松港を結び、多くの人の人生の岐路となっていました。このかつての連絡船の思い出を現在運航している宇野−高松間の船の上で語ろうという催しは、玉野市が進める「連絡船の町」プロジェクトで、日本や世界の連絡船にまつわる写真を集めてアーカイブ化・コンテストをしていくキックオフイベントとして、ゲストに写真家の大西みつぐさんと元宇高連絡船船長の萩原幹生さんをお招きし、黒田晋玉野市長と私の4人が連絡船の話をするというもので約100人が参加しました。

 萩原さんからは元船長として実際に操舵(そうだ)していた経験や、大西さんからは船の写真についての面白さと可能性をお聞きしました。大西さんが撮影した写真の展示もありました。世界各地の船や港にまつわる写真を募るコンテストを玉野市から発信する意気込みを熱く語られた黒田市長は、来年1月から写真を集めることを発表し、船内は熱気に包まれていました。着岸の際の高松市の池田晴幸さんのトランペット演奏「夜空のトランペット」は、よかったなあ。

 ここでも、海を通して世界と繋(つな)がろうという芸術祭の精神がスタートしたのです。

(アートディレクター)

前に戻る
47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

生活情報紙・オアシス

オアシス
暮らしの身近な情報満載

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

   
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.