天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > 瀬戸内物語 北川フラム > 記事詳細

連載

 
 
 

瀬戸内物語 北川フラム

(37)平賀源内に学ぶ 「志」が伝わるように

2014/02/25

瀬戸内国際芸術祭2013に展示された猪鹿垣。「害獣被害をどうにかしてほしい」という住民との話し合いが作品化の発端に=土庄町

瀬戸内国際芸術祭2013に展示された猪鹿垣。「害獣被害をどうにかしてほしい」という住民との話し合いが作品化の発端に=土庄町

 地球全体、あるいはこの国の展望が描きにくい現在は、平賀源内の生きていた時代と似ていると思われます。1972年の直木賞受賞作、井上ひさしの「手鎖心中」。京橋の章にこうあります。

 〈「しかし、風来山人平賀源内は讃岐の生まれだったはずです。」とおれもようやく一矢を報いる。〉

 おれとは主人公の近松与七(後の十返舎一九)で、ここには平賀源内好きの井上ひさしの気合が込められています。駆け出しの絵草紙作家である主人公に、戯作(げさく)者の山東京伝は次のように諭します。

 〈平賀源内の戯作や銅脈先生の狂詩と、当節の戯作とはまるで別ものですよ。あの人たちには本来の志というものがあった。だが志は浮世の冷たい風にひんまげられてしまう。心は萎え萎えになる。そうすると、世の中から一歩も二歩も退いて斜に構える。斜に構えただけでも物足りず、その屈託を筆に託する。読者もあの人たちと同じようになにか志を持ち屈託を持った人たちだった。つまり読者の質はかなり高い。〉

 そして、

 〈ですが与七さん、すこし世の中が変わってきています。江戸へ諸国から人が集まってくる。寛政の御改革以来、手習が盛んになって文字の読める人が殖(ふ)えて来た。そういう人たちが何か読みたくてうずうずしている。もう志も屈託もへったくれもありゃしない。なにかおもしろいもの、それを求めている。〉

 この引用は、瀬戸内国際芸術祭にこられている美術好きだけではない膨大な人たちのことを言っているように思えませんか。時代の閉塞状況のなか、人々は海の持つ凄さ、豊かさ、境を超えてしまう自在さを感じ、島それぞれが、かくも違った個性を持っていたかに驚き、効率第一ではない新しい旅のかたちを探りながら芸術祭にいらっしゃいました。

 そこでは、島のお年寄りたちの喜びと笑顔に感応する来客者の姿がありました。多くの方々が土地とそこで営まれた生活によって醸し出された不思議なお祭りに酔ってくれたかのようでした。讃岐の生んだ源内の志が当時の作家たちの志につながり、現代の戯作者たらんとした井上ひさしに引き継がれているのが「手鎖心中」なのです。

 第2回の芸術祭が終わって以来、県議会ではその体制、運営の技術的な問題に指摘がなされました。議会の委員会に呼ばれたあと、今、この文章を書いているのですが、この7年間、私は可能な限り島に出向き、島民のお話を伺い、瀬戸内海が持つ力について学んできましたが、お客さんとこの土地をつなぐはずのスタッフへの説明が足りなかったのだと思います。私に全権限が集中しているのではなく、頑張れば頑張るほど私が動き学んでいることを伝えるのが、まだまだだったという思いがあります。

 唇寒しのこの時代、地域・日本・外国の人々に「美術」が持つ志、面白さ、土地が持つ力を伝えるべき作品をコーディネートしなければいけない、と、ますます思うようになりました。土地と生活と人、そして美術の方向が大切です。

 京伝のもう一言。

 〈しかし、志もなく、またその志の屈曲もなくただ人をおもしろがせるために書くということは辛いことだ。〉

 源内の時代だけではなく、このような閉塞する時代、物見高いショー的な、国際競争を煽(あお)る、射幸心の高い見世物で覆われていったことを教えてくれます。昭和の前半もそうでした。これに対して瀬戸内国際芸術祭は、人が生きていた地域、場の力を主人公にしています。

 地球と文明と地域を足場にした、一回きりの生、しかし多くの人が生きている同時代の志というものがなんとか伝わっていく、志のあるアートディレクションをしていきたい、と思うことしきりの日々です。

(アートディレクター)

前に戻る
47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.