天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > 瀬戸内物語 北川フラム > 記事詳細

連載

 
 
 

瀬戸内物語 北川フラム

(23)伝統が持つもの 人を引き寄せる力に

2012/11/24

紅白の旗がたなびく中、両軍に分かれて行われた「現代源平屋島合戦絵巻」

紅白の旗がたなびく中、両軍に分かれて行われた「現代源平屋島合戦絵巻」

 来年の瀬戸内国際芸術祭を控え、11月は大きなイベントがめじろ押しでした。4日には「現代源平屋島合戦絵巻」が高松市屋島東町の立石港埋立地を中心に繰り広げられ、また男木島・女木島・豊島のそれぞれで住民説明会が開かれました。アーティストたちによる現場視察も連日あり、17、18の両日は小豆島で「石の文化シンポジウム」が雨天の中のツアーも含めて実施。台湾では観光の説明会の場が持たれました。12月になれば、その全容が発表されます。100近くのプロジェクトが既に動き出しているのです。

  瀬戸内国際芸術祭の魅力は何といっても海の豊かさ、美しさと、島それぞれの個性、それを引き立てる現代美術の魅力にあることは言うまでもありません。そして海を渡り、島を巡る旅の楽しさ。それに加えるに、多様なイベントの展開があるのです。

 イベントは新鮮で面白くなくては盛り上がりません。さらに老若男女、広い世代に愛されるものでなくては長続きしません。それには伝統の力がものをいいます。

 屋島は歴史的に瀬戸内を代表する島です。源平の戦いは屋島での勝敗がその帰趨(きすう)を決めたといわれます。暴風雨の中、小部隊で海を渡り、徳島側から攻めた義経・源氏軍に対して、海で源氏軍を迎え討とうとした平家軍は、慌てふためいて負けてしまいます。那須与一の扇の的もこの中での話です。屋島をいま一度よみがえらせるには、屋島合戦が登場するしかありません。

 祭りの楽しさは、それへの参加の度合いによって決まります。今回は大きく二つの場面をつくることにしました。ひとつはパレード(行軍)、ひとつは合戦です。中身は音楽・衣装・ダンス・パフォーマンス・応援合戦・運動会でした。音楽は鬼太鼓座(おんでこざ)をはじめとして、地元の国分寺太鼓や創作和太鼓集団「雅美(みやび)」などの太鼓グループが加わり、鬼太鼓座の松田惺山(せいざん)さんが音頭取(おんどとり)をしました。海からは、地元の漁船30隻が大漁旗をはためかせてやって来ました。

 衣装は岡山出身で将来を嘱望されているデザイナーの山本哲也さんが、紅白両軍の部隊長の衣服をデザイン。ダンスはコンドルズの近藤良平さんが「瀬戸内おどり」というオリジナルダンスを考え、参加者全員が踊れるようにしました。紅白それぞれ五つの部隊が、工夫を凝らして決戦地に向かって行進するさまは見ものでした。

 合戦は運動会仕立てです。応援合戦は紅・白それぞれの総大将である大西秀人高松市長と浜田恵造知事が大声で決意を述べ、三矢昌洋高松ホテル旅館料理協同組合理事長と梅原利之県観光協会長がものものしく戦いを鼓舞。もちろんそれぞれの楽隊が、それに合わせてはやしたてます。合戦の種目は、紅白玉入れ、綱引き、騎馬戦です。

 この行軍・合戦の全体を飾ったのは約5千本の旗ざおでした。原研哉さんのデザインは美しく個性的で、紅はエビ、白はタコがシンボルマークとなり、高松工芸高校の生徒さんたちの見事な作品や出場者それぞれが描いた旗が翻るさまは、まさに戦国絵巻そのものの壮麗さで、往時をしのばせてくれました。

 古い伝統に現代性が加わったこの現代版合戦絵巻には観衆も含めて5千人の参加があり、地元の太鼓台や獅子舞の参加、お母さん方や青年会による食堂も開店し、今後の展開が楽しみになりました。

 石の文化シンポも、それぞれの分野の専門家が瀬戸内海の石が日本列島生成の中で重要な位置を占めること、大坂城だけでなく、江戸城など多くの城で使われていたこと、その中でも特に黒田官兵衛の果たした役割が大きかったこと、小豆島の美しい棚田はその石の文化の蓄積によるものだと発言。塩田幸雄小豆島町長が、この石の文化の伝統を生かした町づくり構想を発表するなど、福田小学校に集まった400人にとって希望の持てるシンポとなりました。

 瀬戸内国際芸術祭は現代美術のフェスティバルですが、その核心には、深い伝統の力があることを教えてくれたのでした。

(アートディレクター)

前に戻る
47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

生活情報紙・オアシス

オアシス
暮らしの身近な情報満載

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

   
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.