天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > 瀬戸内物語 北川フラム > 記事詳細

連載

 
 
 

瀬戸内物語 北川フラム

(21)二つの芸術祭 見え始めた「現代の希望」

2012/09/29

草間彌生さんの「南瓜」。イメージの違いがお分かりいただけると思います

草間彌生さんの「南瓜」。イメージの違いがお分かりいただけると思います

 新潟県の十日町市・津南町でこの夏、「大地の芸術祭」が行われました。瀬戸内の関係者の多くが来られ、その密度や地域の爺(じい)さま婆(ばあ)さまの喜んでいる顔やサポーターである「こへび隊」(新潟では海老(えび)ではなく蛇)の元気のいい働きを見て感服して帰られた人が多かったのです。また、こちらの「こえび隊」たちも人手の足りないことを知って手伝いに入ってくれ、今後のお互いの交流に明るい展望が見えてきたことも報告しておきます。

 2年前の「瀬戸内国際芸術祭」も越後妻有( つまり )の「大地の芸術祭」も信じられないほどの多くの人が来られた、その理由をここでちゃんと書いておきたいと思います。

 かたや人口減少の著しい島であり、かたや世界有数の豪雪地帯。ともに現代美術が中心の国際的なプロジェクトですが、これだけの発信力があり、多くの人が来られているということで、国内だけでなく国外からの視察も多く、実際に、台湾・中国・香港からはツアーを仕立てて団体客がたくさん来られています。

 もちろん東と西の違いがあり、山と海と対蹠的(たいせきてき)なのですが、共通しているのは美術館での彫刻や絵画の展示が中心というより、屋外や空き家、廃校、田んぼなどを使い、それぞれの場に根差した作品であることです。つまり、その場でしか成立しない唯一の作品であり、それが地域の特色をあらわにすることによって、来る人に、作品それ自体だけでなく、場所全体の魅力を感じさせていることなのです。作品だけが輝くのではなく、その作品が立地している場所を輝かせ、作品の奥にひらけている空間、光景を輝かせています。

 一言でいうならば、場所が作品を生んでいるのです。場の力が多くの人を呼び込み、それらへの人々の共感が、地域の人たちを元気づけています。ここでは「分からない」ことの代表みたいになっている「現代美術」が、地域と人々をつなげる媒介者になっているのです。

 例を挙げれば、直島の草間彌生さんの「南瓜(かぼちゃ)」は、これがない時は普通のただの海でしかないのに対して、この作品があることによって、この前面に広がる海が、より鮮明になったことは皆さんが感じられている通りでしょう。これは多くの人々に、自分が住む場所への希望を抱かせるのです。

 この二つの芸術祭では、多くの都人(みやこびと)(宮沢賢治「農民芸術概論」ではそう言っています)が来るだけではなく、支えている人も都市の人たちだという特色があります。地域づくりに外部の専門家が必要だとは昔から言われてきたことですが、それにも増して都市の人たちが、地域、田舎を求めているという大きな底流があることを気付かせてくれました。

 彼らは都市の限界を知り始め、私たちの遺伝子の源である海や里山へと、さかのぼりだしました。五感が万象に感応する場所を求める旅をしだしたようにすら見えます。国内だけの移動ではなく、国を超えて人々は移動し始めたのです。情報や市場の国際化があまりにも効率化を求め記号的でありすぎ、それが生身の人間を角質化させ、画一化していることに、人間の本能・生理が反乱を起こし始めたと言ってもいいと思います。

 人間をひとくくりにすれば、平均値があり、基準があるかもしれませんが、一人一人はあくまでも自分にこだわるし、一人一人の五感が別々に作用し凹凸があるのです。自然と連なる一人一人は、よりナチュラルな生理の働き、情報に沿って動きたいのは当然です。現代美術が持っている突出した表れ方、一人一人が皆違うという美術が本来持つ特質が、地域環境が危機に瀕(ひん)し、資本主義そのものが問われだした現在、あらためて見直されだしたのではないでしょうか。

 過疎、極端に言えば、社会の中心から見捨てられたところこそが、現代の病弊に向かい合わざるを得ず、逆に希望となり始めた。その端緒が二つの芸術祭から見えてくるのではないかと思うのです。

(アートディレクター)

前に戻る
47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.