天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > 瀬戸内物語 北川フラム > 記事詳細

連載

 
 
 

瀬戸内物語 北川フラム

(2)特産品の始まり 笑顔も運ぶ男木のオンバ

2011/02/26

男木島の島民から好評だったオンバ。ご覧のように笑顔も広がった(撮影・中村脩)

男木島の島民から好評だったオンバ。ご覧のように笑顔も広がった(撮影・中村脩)

 何百年にわたる生活の中で便利な道具、好ましい什器(じゅうき)、好ましいお供え物が生まれてきます。それらを支える技術や方法が今から見ても、理にかなっていたり、美しかったりして、時代の嗜好(しこう)、精神を表していると思う時、それを私たちは美術品ということがあります。

  男木島のオンバ車は、坂道だらけの路地でモノを運搬するには、なくてはならないものです。お年寄りが多くなった昨今、よく目にするようになりました(ちなみに、オンバは乳母車のことです)。

 今回の芸術祭で、大島よしふみさんを中心とした香川在住のアーティスト5人が「オンバ・ファクトリー」を男木島の集落の神社近くに開業しました。趣旨は、島民が使っている古いオンバを改造したりペイントを施したりして、無料で作り替えるのです。別に交換ではありません。いわば、車? プレゼント工場なのです(チャーリーのチョコレート工場みたいだと言っていた子どもがいましたよ)。

 オンバ・ファクトリーの面々は思い思いの車を制作しました。トラック野郎、一番星風の灯(あか)りがチカチカするものから、子どもたちが喜ぶ花電車風のものまで。これは高松での展覧会に並べられ、豪華絢爛(けんらん)たるものでした。そのうち島民からの依頼が殺到し、注文をこなすので、てんてこまいになっていくのです。

 この間、その材料費、島までの彼らの船代を何で賄っていたのかというと、工場横の空き家で開いたカフェの売り上げです。男木島のあの急坂を、作品を一つ一つ巡りながら豊玉姫神社まで登り、「島こころ椅子」で一休みして、「よーし」と降りると、城砦に奔奔と翻るオンバ・ファクトリーフラッグ。そこで瀬戸の海を見透かして、「蜂蜜レモンを1杯」「また1杯」となるのです。

 会期後半、ファクトリーの人たちからうれしい悩みが聞こえてきました。「まだ全員の注文もこなせないのに、セカンドカーの注文が来るんですわ」。よく聞けば、この新車を喜んだ島の奥さま、おばあさまが、日によって車を乗り換えたい、その日のための晴れ着も用意したというのです。「それは贅沢(ぜいたく)品だから、有料でよいのでは」と、私は立場上のアドバイス。

 おそらく後年、これらは2010年代の男木島の代表的芸術品として「洛陽の紙価を高らしめる」ものとなること間違いありません(ここから特産品が始まるのです)。

 私は、このうれしい話を聞きながら、かつての仏師たちを思い出しました。平安末から鎌倉初め、東国に下った運慶たちは、東国の武士たち、北条時政、和田義盛らの求めに応じ、彼らの武者ぶりの好みに合わせ、頑張って仏像を彫っていきました。それが願成就院や浄楽寺の名品になっていったのです。男木の島民とオンバ・ファクトリーのオンバ師の経緯は、運慶たちのそのありさまを居ながらにして見た贅沢を味わうものでした。仏師、オンバ師というなかれ、彼らは当代の名工、大芸術家なのです。

 男木島は「川島猛とドリームフレンズ」や「漆の家プロジェクト」、西堀隆史さんの「うちわの骨の家」など、香川県の有名産品や地元作家登場のプロジェクトが多くありました。あるいは谷山恭子さんの「雨の路地」という島に水がない現状をナベ・ヤカン・バケツからシャワーを降らすというユーモアあふれる仕掛けの作品が登場したり、路地にパイプを配管し、望遠鏡や潜望鏡で旅人をつないだ谷口智子さんの「オルガン」や眞壁陸二さんの「路地壁画」もあり、島民に楽しんでもらえました。

 圧巻は旧公民館での大岩オスカールさんの「大岩島」という建物全体をドローイングした作品でしたが、これは9月26日の火災で燃えてしまいました。この時の島の人たちのやさしさと誠意、大岩さんの島の人を気遣う心根や多くの人の協力を忘れることはできません。火事は島の現在を象徴した出来事でしたし、多くのことを考えざるを得ないことでした。

(アートディレクター)

前に戻る
47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.