天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > 瀬戸内物語 北川フラム > 記事詳細

連載

 
 
 

瀬戸内物語 北川フラム

(11)地域に錨を下ろす 現代アートで新たな魅力

2011/11/26

横浜トリエンナーレで瀬戸内国際芸術祭や県産品をPR。最終日前日は獅子舞やもちつき大会でにぎわった=11月5日

横浜トリエンナーレで瀬戸内国際芸術祭や県産品をPR。最終日前日は獅子舞やもちつき大会でにぎわった=11月5日

こえび隊オリジナルの獅子頭と大漁旗で作った油単

こえび隊オリジナルの獅子頭と大漁旗で作った油単

 香川県は、約千もの獅子舞が伝わる日本でも有数の獅子舞が盛んなところです。特に三木町は大獅子や華やかな油単(ゆたん)が特徴でお宮ごとにそれぞれ獅子が1頭ずつあり、今でも秋祭りの時期になると、あちらこちらで太鼓と鉦(かね)の「コンコン チキチ コンチキチ…」というお囃子(はやし)の音が鳴り響きます。ちなみに日本芸能で大切なのは、猿と獅子と木偶(でく)なのです。

 この獅子舞が11月5日、横浜に登場しました。今年8月6日から11月6日まで、横浜トリエンナーレ2011が開催され、中でも特別連携プログラムの新・港村は、世界各地から芸術・文化による地域づくりを行っている組織が集まる人気のスペースでした。その中に瀬戸内国際芸術祭と越後妻有の「大地の芸術祭」は一緒に宣伝ブースを構え、オリーブサイダーやピオーネを販売したのです。他のブースがポスターを貼るくらいだったのに対し、県産品やグッズなどを販売しながら宣伝したので「ヤラれた」という、やっかみがあったくらい人気は抜群。会場を華やかにして喜ばれました。千秋楽の前日はもちつき大会を開き、そこに獅子舞が加わったのです。

 昨年の芸術祭の入場者数は90万人を超えました。これは一種の社会現象であり、今まで日本で行われたモナリザ展やツタンカーメン展という誰でも知っている世界の美術展の来場者数に匹敵するほどです。もちろん、瀬戸内海の美しさやそれぞれの島が持つ独特の個性の違いや、「海を渡る」という新鮮な旅のかたちと相乗した魅力が多くの人を引き付けたのですが、ここで現代美術が主人公となっていたことに注目したいのです。

 先ほど挙げた大地の芸術祭や横浜トリエンナーレ、昨年行われたあいちトリエンナーレなど、近年、現代美術が旧来の美術を凌駕( りょうが )する人気があるように、時代は明らかに変わりつつあります。しかも、それが単なる現代美術展ではなく、深く地域と結び付いているのです。

 横浜では昔の遊郭街と港の倉庫を舞台に、愛知では古くからの繊維街がサブステージになっていますし、越後では地域丸ごとが見学地になっているのです。そしてそれらの地域は古くからの特産品や祭りが芸術祭と深く関わっていて、現代美術が関わることによって地域の空間と時間が立ち現れてきており、その両方がうまく重なって、来客に喜ばれているようなのです。

 地域の農業、産品、食事、集落の魅力が、今までにも増して人々の関心をそそっています。世界全体が都市化し、平均化し、どこへ行っても同じように見えることに人々は飽き飽きしだし、さらに最先端の大都市が、冷たい、効率一辺倒、情報の氾濫だけになっていることに辟易(へきえき)しだしたのです。そこには刺激・興奮・競争と大量の消費がありますが、人間はロボット化し、一人一人が大切にされないことに絶望を感じだしました。

 それ故、地域が持っている自然、それと付き合いながらの農業・生活に目が向くのは理の当然であります。ただ、それが地元だけの思い込みや地元のことしか考えないナショナリズムにも、人は鼻持ちならないと思っていて、ここで現代美術が持っている発見性・驚き・批判性が重要になってくるのです。

 「足はしっかりと大地に、目は遠く世界に」という地域に深く錨(いかり)を下ろすこと、意識は地球環境や世の中の仕組みについて考える普遍性が要求されます。三木町の獅子舞が横浜の国際展に登場する必然性と喜ばれる理由が、ここにあるのです。

(アートディレクター)

前に戻る
47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

生活情報紙・オアシス

オアシス
暮らしの身近な情報満載

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

   
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.