天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

お客さまに喜ばれる「床下専門」会社目指す

国方防虫化学代表取締役・国方康夫さん

国方防虫化学代表取締役・国方康夫さん

2010/05/16

 敵は眼下にあり―。大切な財産である住宅をシロアリなどの害虫から守るために、予防消毒や駆除を手がける国方防虫化学。代表取締役の国方康夫さん(61)に、害虫被害の傾向や今後の目標などを聞いた。

       ◇

  シロアリ駆除だけで年間約1千件。特にヤマトシロアリが多く発生するゴールデンウイーク前後が年間を通して一番忙しい。シロアリは土中生物で湿ったところを好む。木造住宅の土台や浴室の下など、基礎と柱が接する部分に被害をもたらすほか、学校やマンションなど、鉄筋コンクリート建造物の1階部分も被害が多い。

  24時間、年中無休で駆除依頼に対応している。床下などの目に見えない場所で作業を行うため、被害の状況や作業方法をお客さまにきちんと説明するよう、社員教育を徹底する。また、住宅の基礎部分の劣化補修や耐震金具の取り付け、気密断熱工事などにも力を入れている。「床下専門」の会社として、常にお客さまに喜ばれるサービスを提供したい。

  最近はスズメバチやミツバチなどの駆除依頼が増えた。市街地の造成が進み、ハチは生活圏が狭められたために、住宅地などに進出してくるようになった。天井裏をはじめ、お墓の納骨室などにも営巣することがある。

  駆除していたものを、何かに役立てたいと思い、昨年からミツバチの飼育を始めた。受粉作業のミツバチ不足に悩むイチゴ農家に分けているほか、スズメバチ入りの焼酎が体質改善に良いと本で知り、駆除の際に捕獲したスズメバチを焼酎に漬け込んだ。知り合いに配ったところ、思いのほか好評で、予約が入るようになった。今後も趣味として続けていきたい。

プロフィル

くにかた・やすお 1949年高松市生まれ。高松商高卒業後、大阪で就職。香川に戻ってからは、知人の紹介で高松市内の防虫会社に勤務。29歳で独立し、国方防虫化学を創業。現在は香川、岡山、徳島、愛媛県に営業所を展開している。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.