天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

誠心誠意込め、地元で愛される店舗目指す

フルーツカフェPon・Pon代表・宮武 誠さん

フルーツカフェPon・Pon代表・宮武 誠さん

2010/05/02

 新鮮な旬の果物を取り合わせた焼きたてのワッフル―。女性や子どもを引きつける看板メニューで、2005年の開店から人気を集めている「フルーツカフェPon・Pon」(宇多津町)。姉妹店も立ち上げ、その勢いはどんどん増している。パティシエでもある代表の宮武誠さん(30)に、店にかける思いや今後の目標などを聞いた。

       ◇

 フルーツカフェの売り上げは現在、オープン時の5倍。土日は平均で1日400人ぐらいが来店してくれている。姉妹店のバーガーズカフェも好調。どちらも口コミで名前が広がっているようだ。本当にありがたい。

  周囲の勧めもあって店を始める時、県内に「ないもの」を探した。フルーツパーラーを参考に考え出したのが、品質の良い果物と、味にこだわったワッフルを提供する今の形。本当に試行錯誤を繰り返した。メニューの考案、店のデザイン、素材の仕入れなども、勉強して自分で手がけた。自分はパティシエなので、スイーツに関すること以外はほとんど未知のこと。大変だったが、いい経験になった。

  実家は和洋菓子店。小さいころの遊びがお菓子作りだった。ケーキに生クリームを塗りつけたり、あんこの玉を積み重ねたり。甘いものは好きだったが、店を継ぐ気はなく、菓子職人としての独立を目指した。修業は朝から晩まで。ハードだった。

  修業などを通して、大切にしているのは「誠心誠意」という言葉。お客さまや料理に誠意を尽くすことはもちろん、スタッフや業者の方、地元の人たちを大切にし、感謝しなければならない。どの店舗も実績は出てきているが、基本から再度見直す時期。地域を大事にして、地域から愛される存在に育てたい。

プロフィル

みやたけ・まこと 1980年善通寺市木徳町生まれ。高校卒業後、岡山県や愛媛県、丸亀市の菓子店で修業。フルーツカフェ、果物店、バーガーズカフェの3店を宇多津町内で営む。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.