天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

エクステリアで美しい街つくりたい

景匠館取締役営業本部長兼四国営業所長・栗林宏行さん

景匠館取締役営業本部長兼四国営業所長・栗林宏行さん

2010/02/21

 塀や門、植栽などで建物の外回りの美を演出するエクステリアが人気だ。そんなエクステリアや造園を設計から施工まで手がけているのが、景匠館四国営業所(高松市伏石町)。所長の栗林宏行さん(37)に仕事の魅力やエクステリアを通して目指す夢などを聞いた。

        ◇

  出身は静岡県。海も山もある自然に囲まれた場所で過ごす普通の学生だった。ただ、卒業文集に「画家になりたい」と書くなど美術や図工が好きで、成績も良かった。高校卒業後は、インテリアや商業建設を勉強しようと大阪の専門学校に進んだ。

  景匠館に就職したのは、エクステリアなら不特定多数の人に見てもらえると思ったから。進学当時はエクステリア前提ではなかった。ただ、人の目に触れるものをデザインしたいという思いはずっとあった。

  エクステリアは、主役である建物をいかに引き立てるかが大切。だが、デザイン重視では、かえってお客さんのストレスになりかねない。心掛けているのは、デザインと機能性の両立。子どもの成長など家族の時間の流れに合わせて変化するような庭などを目指している。

  デザインの提案で大切にしているのは、お客さんの潜在的なニーズをいかに引き出すか。なかなか難しいことだが、お客さんの要望をただ図面にするのは誰にでもできる。お客さんの感性と提案がぴたっと合った時にお客さんが見せてくれる笑顔、完成した時の「すごい」という一言が何よりもうれしい。

  住宅もエクステリアも一生に一度の買い物という人が多い。だから、理想のエクステリアの実現は、夢の実現だと思う。自分の夢はエクステリアを通して、できるだけ多くの人の夢を実現すること。そして、そんな家が増えることで、街全体を「きれいになった」と感じてもらいたい。

プロフィル

くりばやし・ひろゆき 1972年生まれ。大阪の専門学校を卒業後、景匠館(大阪市)に入社。2000年から四国営業所、06年から同営業所長。09年10月からは営業本部長を兼務、10年に取締役に就任した。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.