天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

ウオーキング通し自然の魅力伝えたい

高松市体力つくり市民会議議長 林巍さん

高松市体力つくり市民会議議長 林巍さん

2009/11/08

 素足で浜辺を歩く健康増進法「サンドビーチウオーク」や山歩きを実践し、イベントなどでその魅力を発信する高松市体力つくり市民会議議長の林巍さん(77)。「歩きながら自然に返る」と語る林さんに、地元に残る自然への思いや自然の中を歩く魅力について聞いた。

       ◇

  岡山県の吉備高原の丘陵地に生まれ、子どものころから自然の中で遊び育った。山に興味を持ち始めたのは小学3年生のころ。兄の卒業アルバムを見て「山岳部」というものがあることを知り、山へのあこがれを抱いたのがきっかけだった。

  高校卒業後は東京教育大(現筑波大)に進学。林学や地学を学び、教員になった。県内では高松一高などに勤め、山岳部を創設。暇さえあれば生徒と一緒に山を歩き回った。

  現在活動を広げているサンドビーチウオークは誰でも手軽にできるのが特徴。波打ち際を素足でぬれながら歩き、皮膚病対策やボケ防止など健康作りに役立てるもので、ヨーロッパでは何十年も前から行われていた。そのことを雑誌で知り、観音寺の有明浜で10年近く前から始め、今は屋島の瀬戸内海国立公園などでもウオーキングイベントを開催している。

  地元の砂浜や山を歩く魅力はやってみて初めて分かるもの。体力作りはもちろんだが、なにより大気や水など自然と触れ合うことでリラックスできる。讃岐には山歩きや浜歩きをするのに格好の場所が多くある。自然を歩き、その素晴らしさを多くの人に知ってほしい。

  今後は地元に残る自然の魅力やそこを活用する重要性を若い世代にもっと伝えていかないといけない。山歩き暦60年。自然の中で生かされていることに感謝しながら、死ぬまで自然の中を歩いていたい。

プロフィル

はやし・たかし 1932年生まれ。倉敷市真備町出身。東京教育大卒業後、横浜や香川で教壇に立つ。元高松一高校長。現在高松市体力つくり市民会議議長を務め、自然の中を歩く魅力を多くの人に伝えている。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.