天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

お客さんにいろんなうどんの楽しみ方を提供したい

手打うどん寿美屋代表・桧木博さん

手打うどん寿美屋代表・桧木博さん

2009/09/20

 うどん用小麦「さぬきの夢2000」にこだわり、伝統にとらわれない新しいレシピで讃岐うどんの可能性を追求する桧木博さん(60)。「うどんに助けられてきた人生。もっと多くの人たちに楽しんでもらえるよう努力し、恩返しをしていきたい」と夢を語る。

       ◇

  高校卒業後、実家から歩いて5分の会社に就職するも、ほどなく「会社に向かない」と感じた。親せきに「うどん屋で働いてみないか」と誘われたのはそんな時だった。

  右も左も分からないうどんの世界。「役に立たない期間」は、背中に寿美屋の刺しゅうをして商店街を宣伝して歩いたという。早朝から店で修業し、夜は料理専門学校で学ぶ日々が続いた。「とにかく前を向いて歩かないかん」と、持ち前の負けん気でめきめきと力を付けた。

  31歳で独立。老舗ののれんのプレッシャーに負けまいと作ったカレーうどんがヒットした。以来、さまざまな新メニューを創作。最近では、生地をクレープのように延ばし、窯で焼き上げる「すいどんくん」が話題となった。ナイフとフォークで食べる斬新な一品。「うどんはとてもシンプル。食が多様化する中、お客さんにいろんな楽しみ方を提供したい」。

  店では県産小麦「さぬきの夢2000」を活用している。県のアドバイザーなどとして、普及に努めてきたのは、小規模の農地で懸命に生産してきた農家の苦労を知っているからだ。「誕生してまだ10年。扱いにくいという声も聞くが、小麦に腕を合わせればいい」と力強く語る。

  「ゆっくりと辛抱強く」が信条。うどんをより多くの人に食べてもらうため、挑戦は続く。「現役のまま、店で死ぬのがぼくの夢」。もちろん、まだまだ死ねませんがね、と満面の笑みを浮かべた。

プロフィル

ひのき・ひろし 1949年丸亀市生まれ。尽誠学園卒業後、倉敷紡績丸亀工場に勤務。47年から同市通町にあったうどん店寿美屋に勤め、1980年のれん分けで独立。同市中津町に店舗を構え、代表に就任。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.