天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

自転車の旅は現地の人との交流が楽しめる

香川サイクル・アドベンチャー交流クラブ会長・片山敏明さん

香川サイクル・アドベンチャー交流クラブ会長・片山敏明さん

2009/09/06

 学生時代の1960年代に自転車で日本一周とアメリカ縦横断を果たし、高校教諭を退職後の2006年にシルクロード完走を決意した香川サイクル・アドベンチャー交流クラブの片山敏明会長(66)。その第1弾として07年に中国・新彊ウイグル自治区コルラからカシュガルまでの約2500キロを走破した。旅先の経験や自転車の魅力を語ってもらった。

       ◇

  1963年、資本主義国の中心的存在だったアメリカにあこがれ、自転車での縦横断の夢を抱いた。本当に走れるのか、まずは日本一周に挑んだ。全国220カ所の警察署に立ち寄り、日本一周の証明にと各署長にサインを求めた。45日間で完走し、それが自信になった。

  64年、アメリカへ出発。同年開催される東京五輪の宣伝が目的だった。宣伝用のシャツを着て自転車で走る姿がマスコミに紹介され、行く先々で声を掛けられた。何度も泊めてもらい、アメリカ人の心の温かさを感じた。

  出発の前年に暗殺されたケネディ元大統領の追悼の旅でもあった。ワシントンで開かれた元大統領の献花式に日本中から集めた千羽鶴を届け、元大統領婦人からお礼の手紙をもらい感激した。

  退職後は中学校で習ってからあこがれていたシルクロードを走ろうと思った。9月下旬に中国・甘粛省敦煌から陝西省西安までの約2千キロを計画。来年は敦煌からコルラまでの約1500キロを走破し、香川ゆかりの麺(めん)ロードとも言われる6千キロを走り切りたい。

  自転車での旅は、自分のペースで進め、昔ながらの道も自由に通ることができる。途中で現地の人との交流が楽しめるのが一番の魅力だ。このような民間レベルでの交流の積み重ねが、国家間のきずなを深める鍵になると思う。

プロフィル

かたやま・としあき 1942年生まれ。上智大卒。会社員、塾経営を経て大手前高松高校の教諭に。今年4月から香川サイクル・アドベンチャー交流クラブ会長。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.