天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

音楽の魅力で街をもっと開放的に

Space Aria〜カニワ社長・鹿庭弘百さん

Space Aria〜カニワ社長・鹿庭弘百さん

2009/06/28

 老舗かばん店「カニワ」(高松市)の鹿庭弘百社長が新たな事業に乗り出した。丸亀町商店街そばの「Space Aria(スペース・アリア)」で取り扱うのは、いま話題の「波動スピーカー」。心底ほれ込んだという音響システムの魅力をはじめ、音楽との出合いや街づくりについて聞いた。

       ◇

  丸亀町商店街で生まれ、この界隈[かいわい]が遊び場だった。音楽との出合いは兄がドラムを始めたのがきっかけ。自分もスティックを持つようになった。当時のステージは商店街の屋上。周囲はずいぶん迷惑だっただろう。

  高校入学を機に上京してからはバンド熱にうかされた。同級生だった佐野元春と組んだり、「はっぴいえんど」をコピーしたり。大学を出た後もレコード会社に勤めるなど音楽にかかわる生活が続いた。

  13年前に家業を継ぐことになり帰郷。しばらく音楽から離れていたが、丸亀町商店街A街区の再開発を機に、商店街の仲間と協力して「街角に音楽を」という取り組みを始めた。目指すのは魅力あふれる商店街。都会と地元のアーティスト同士の交流にもつながるだろう。

  エムズシステム社(東京)の波動スピーカーと出合ったのは4年前。スピーカーの概念をがらりと変える性能に驚いた。柔らかな音質で、歌い手や奏者がその場にいるような感覚を味わえる。7月5日にはこのスピーカーによるコンサートをサンポート高松で開く。題して「演奏家のいない演奏会」。一度聴いてもらえれば、すばらしさが伝わるはずだ。

  店舗名のAriaはイタリア語で歌曲のこと。人それぞれがもつ自分らしい「歌」を大切にしてほしいとの思いを込めた。街の活性化も同じ。らしさを生かしながら、音楽やアートの魅力によって、いつもの街をより開放的に、おもしろく感じてもらいたい。

プロフィル

かにわ・ひろかず 1956年生まれ。立教大卒。大手レコード会社などに勤めた後、96年に帰郷しカニワ常務に。同社専務を経て今年2月に社長に就いた。昨年11月オープンの「〜Aria」は波動スピーカーの正規視聴ルーム。高松市出身。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

生活情報紙・オアシス

オアシス
暮らしの身近な情報満載

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

   
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.