天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

子どもの生き生きとした姿見守りたい

クラシカル・バレエ・ワークス主宰・矢下実さん

クラシカル・バレエ・ワークス主宰・矢下実さん

2009/05/10

 バレエ教室「クラシカル・バレエ・ワークス」を主宰し、約80人の生徒を育てる傍ら、現役のダンサーとして活躍する矢下実さん(50)。「子どもたちにどんなけいこをすれば人を感動させられるよう踊れるか伝えることが使命」と言う矢下さんに、バレエとの出合いや生徒の指導方法などについて聞いた。

       ◇

  母は日本舞踊の名取で、幼いころから日本舞踊を習わされて育った。小学4年生のときに見た現在の中村勘三郎さんの舞台に衝撃を受け、歌舞伎役者を目指すように。日本大学芸術学部に入学したが、大学の先生に手足が長く、着物があまり似合わない体形だと告げられ、歌舞伎役者になることをあきらめた。

  とても落ち込んだが、絶対に舞台の仕事をやりたいと萩原流行さんが所属していた劇団「ザ・スーパー・カムパニイ」に入団。同劇団の先生の勧めで自宅近くの「法村・友井バレエ学校」の門をたたいた。練習についていくのが精いっぱいだったが、自分を表現するいろいろな手段があるという喜びを味わった。

  25歳で東京バレエ団に入団。スカラ座やオペラ座など、名だたる劇場で踊らせてもらった。31歳で退団し、フリーに。高松公演でパートナーだった妻と結婚後、彼女の故郷でもある高松で、ワークスを設立した。

  子どもたちに教えるにあたっては、けがをさせないことが第一。バレエは一見優雅だが、そのためにはたくさんのトレーニングが必要だと理解してもらわなくてはいけない。子どもたちがどんなふうに踊れば楽しいか理解していく成長の姿を見ているとうれしい。将来の夢は、子どもたちの夢を実現することに協力し、舞台に立っている彼女らの生き生きとした姿を見守っていくことだ。

プロフィル

やした・みのる 1958年生まれ。横浜市出身。日本大学芸術学部在学中に「ザ・スーパー・カムパニイ」入団。25歳で「東京バレエ団」に入団し、退団後はフリーに。2002年にクラシカル・バレエワークス設立。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.