天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

まっさらな木に向かうときは「格闘技」

欄間・寺社彫刻職人 山本忠重さん

欄間・寺社彫刻職人 山本忠重さん

2009/04/12

 欄間・寺社彫刻職人として活躍し、昨年県展彫刻部門で県知事賞を受賞した山本忠重さん(61)。「生涯一職人として、与えられた仕事を一生懸命やる」という山本さんに人生の転機やモットーについて聞いた。
       ◇
  父は欄間職人だったが、跡は継がずにサラリーマンになろうと高松商高に進学。父は継いでほしいと思っていたかもしれないが、何も言わなかった。卒業して1年間働いた後、長男として両親の面倒をみなくてはと仕事を辞め、父の手伝いを始めた。これからどうするのかと父に問われて跡を継ぐことになり、大阪にいる父の兄弟子のもとで3年間の丁稚[でっち]奉公と半年間のお礼奉公をした。
  23歳で高松に帰郷。当時は仕事があったが、1975年ごろには激減し、続けるか辞めるかの瀬戸際に。しかし、父の「職人は手を動かしていなくてはいけない」と仕事を黙々と続ける姿や、妻の「何十年と作品が残るいい仕事なんだから」という言葉もあり仕事を続けようと決めた。
  職人として心がけているのは、与えられた仕事を精いっぱいやるということ。まっさらな木に向かうときは、ある意味「格闘技」。「この木をどうやっつけてやろう?」と考えながら下絵を描いている。
  8年ほど前から県展に出品し始めた。昨年県知事賞を受賞した「掴[つか]む」は、長年がんばってきた周りの職人たちの手を見て、一緒にがんばろう、まだまだ負けないぞという思いで作った。今までは生活を支えるために必死でやってきたが、応援してくれる人に恩返しをしていかなくてはと思い始めた。
  職人は名誉も地位もないが、恩返しをするためには「心こそ大切なれ」という言葉を胸に、人と心と心で通じ合うような生き方をすべきだと思う。

プロフィル

1948年生まれ。高松商高卒。1年間の会社勤めの後、大阪で3年半修業。約8年前から県展に出品しており、昨年彫刻部門で県知事賞を受賞した。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.