天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

開けて「ときめき」感じる弁当心掛け

中央会長・桑嶋紀二さん

中央会長・桑嶋紀二さん

2009/03/22

 仕出し弁当や給食、高齢者宅への弁当の配達など、食に関するさまざまなサービスを展開する「中央」。「毎日同じ人が食べても飽きない味を」という桑嶋紀二会長(68)に、経営のモットーや今後の目標などについて聞いた。

  父は建具職人でとても厳しかったが、幼いころから父の手伝いをしていたおかげで仕事の段取りや「正直にしろ」という教えなどが身についた。15歳のとき、大阪の煮豆屋(総菜屋)に就職。近くの料理屋が、当時出回り始めたプラスチック容器で給食を配っているのを見て「これだ」と思い、総菜を勉強するため、すし屋や中華料理店、弁当屋などさまざまな店を転々として修業を重ねた。
  22歳で香川に戻り、大阪時代に勤めていた弁当会社「川上食品」の高松営業所として創業。大阪でよく売れていたくじら揚げを卸そうと八百屋を回ったが、ほとんど門前払い。初めて注文が入り、代金としてお店の奥さんにもらった110円には「お金のぬくもり」があり、本当にうれしかった。
  毎日同じ人が食べることを考え、飽きのこない味とメニューを提供することがモットー。社員には、自分が食べてどう思うか、また高齢者宅へ配る弁当なら自分の両親や祖父母が食べて喜ぶかどうかを考えるようにと教育している。相手の立場を考え、開けたときに「ときめき」を感じる弁当にしたい。
  リーダーとして大切なことは、「真っ正直」であること。また、「継続『こそ』力なり」という言葉を大切にしている。
  現在、本社工場の移転に向けた計画を立てている。生ごみをエネルギーに変えたり、太陽熱を利用した工場にし、お客さまに安心と安全を提供したい。

プロフィル

くわじま・としじ 1940年生まれ。15歳で大阪の総菜屋に就職した後、すし屋や中華料理店などで修業を積み、63年に川上食品高松営業所として創業。71年に「中央給食センター」設立、84年に「中央」に社名変更。2008年から会長。東かがわ市出身。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.