天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

よそ道にそれず、高品質の製品提供

かどや製油社長・小澤二郎さん

かどや製油社長・小澤二郎さん

2009/03/08

 ごま油のシェア率日本一を誇り、トップブランドとして確固たる地位を築き上げたかどや製油(本社・東京都)。工場は今も創業の地・小豆島だけ。6代目小澤二郎社長(71)に小豆島へのこだわりや夢を聞いた。

  大学卒業後、三菱電機に入社し、その後小澤物産(創業者は父の故・小澤直平氏)に入った。かどや製油は150年前、小豆島で作られたゴマを搾ったごま油をそうめんに使ってもらっていたのが始まり。少しずつ拡大したが、戦後、大企業がでてきて経営が厳しくなった。1957年に小澤物産が資本投下し、株式会社として再スタート、61年に今の土地を購入して近代化した工場を造った。
  生産量は次第に増えてきたが、売り先は天ぷら屋さんが中心で限界があった。父が「アメリカではピーナツオイルやオリーブオイルがスーパーに並んでいる。日本でも主婦がごま油を使うのではないか」と、67年に小さい200ミリリットルの瓶を売り出したのがターニングポイント。
  しかし最初は大変苦労した。3年くらいは社員総出で全国を歩いて回った。70年ごろにスーパーに置き始め、売れていった。国内だけでなく、海外でも取り扱うようになった。スーパーや市場に立ち一生懸命PRした営業や、香りや味を細かく勉強した技術陣の努力があった。
  振り返ると激動の150年だったが、ごま油にこだわったのが存続した一つの理由。いろんなものに手を出していれば焦点が定まらずうまくいかなかった。純粋なごま油を徹底して追求してきたから今がある。
  工場の社員は8割以上が小豆島出身。温厚でまじめで研究熱心な社員が多い。会社の一番の基盤であり根幹の小豆島。これからも小豆島から最高品質のものを追い求めていきたい。基本はごま油。よそ道にそれずに、食の安全・安心にこだわり、高品質の製品を提供する―。エンドレスの戦いだ。

プロフィル

おざわ・じろう 1937年芦屋市生まれ。慶応大を卒業後、63年に三菱電機、68年に小澤物産に入社。92年同社長、99年同社会長、2003年かどや製油社長、05年小澤物産相談役に就任。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.