天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

地域に根を下ろし、地域に愛され、地域が誇りに思う球団目指す

東交バス社長・川畑省三さん

東交バス社長・川畑省三さん

2009/01/25

 貸し切りバス事業の東交バス(高松市)の川畑省三社長は、四国・九州アイランドリーグの香川オリーブガイナーズの球団社長に1月に就任した。道の駅「源平の里むれ」(高松市牟礼町)の運営会社の社長も務めている。ともに地域活性化に貢献したいという熱意の表れだ。
        ◇
  リーグの設立当初、遠征バスに協力したのがガイナーズとの関係の始まり。とうとう社長の大役をちょうだいした。
  地域に根を下ろし、地域に愛され、地域が誇りに思う球団を目指す。そのことが地域活性化につながればいい。
  ただし、夢だけでは駄目だ。ポイントは観客増。2年ぐらいで観客数を倍増させたい。
  そのためには球場を魅力的な「ボールパーク」にする。観客を楽しませ、リピーターや一緒に来る仲間を増やす。根気よく繰り返すしかない。
  源平の里むれは、2007年8月のオープン後、前年比プラスが毎月続いている。いつ来ても、そのたび新しい発見があるように、品ぞろえや陳列に工夫している。海鮮食堂も好評だ。
  行政や3セクではなく、民間運営が特徴で、そこは意識している。来店客に、ほかと違うと感じてもらえるようにしようと従業員に最初に言った。おかげでリピーターになっていただく確率は高いと自負している。
  印象に残る出会いがあった。30年近く前、カーディーラーをしていたころ、ホンダの創業者の本田宗一郎氏が店に来た。店にいた客の若い夫婦に頭を下げ、翌日には「絶対に買ってくれるからフォローを頼む」と店に電話があった。あわてて夜中に訪問して契約をいただいた。報告すると喜び、後日夫婦に礼状を送っていた。
  本田宗一郎氏からはお客さまを大事にすることを本当に教えてもらった。「お客さま第一」。これは、いまも会社が最も大事にしている基本方針だ。

プロフィル

 かわばた・しょうぞう 慶応大商学部卒。1987年、東交バス社長。89年度に高松青年会議所理事長。県ゲートボール連盟会長を務める。59歳。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

生活情報紙・オアシス

オアシス
暮らしの身近な情報満載

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

   
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.