天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

「年明けうどん」ぜひ成功させたい

さぬき麺業社長・香川政明さん

さぬき麺業社長・香川政明さん

2008/12/14

 麺(めん)類製造とうどん店を経営するさぬき麺業(高松市松並町)の香川政明社長は、小学3年生で祖父のうどん店を手伝い始めて以来、常にうどんに携わり続けた人生だったと振り返る。「寝ても覚めてもうどん」と語る香川社長に、うどんづくりへの思いを聞いた。
      ◇
  祖父が昭和元年に今の高松市川部町でうどん屋をはじめた。父が継ぎ、私も小学3年から手伝わされた。さぬき麺業は高松市内のうどん屋の有志が建てた製めん工場だ。当初経営は苦しかったが、大阪万博が転機となった。私が大学を卒業する昭和45年、万博会場に東京の寿司店がさぬきうどん店を出し、さぬき麺業がうどんを卸した。私は会場責任者として行ったが、大ヒットだった。毎日8000食近いうどんが売れ、全国で通用すると感じた。
  父はよく小学校へうどん作りを教えに行った。その際に、父が話していたおいしいうどんを作る三カ条は、1つはうどんを好きになること、2つ目は何回も何回も作り熟練すること、3つ目は真心を込めて作ること。小学生に「この3つが上手にできたらおいしいうどんができる」と言っていたが、その意味が分かってきたのはつい最近かな。
  正月に香川のうどん屋から全国へ発信する「年明けうどん」をぜひ成功させたい。真っ白いうどんの上に紅一点を載せてもらって、紅白のおめでたいうどんとする。太く長く幸せな年を迎えてもらいたいという思いを込めて、年明けうどんを作っていきたい。
  さぬきうどんには歴史がある。空海が中国から持ち帰り、みなさんの切磋琢磨[せつさたくま]で今日のさぬきうどんがある。このおいしいさぬきうどんをさらに未来、将来へと引き継いでいきたい。私が教わったことや経験したことを、次の世代に伝えたい。

プロフィル

 かがわ・まさあき 1947年生まれ。神奈川大卒業と同時に、大阪万博に出店したうどん店の責任者としてさぬき麺業に入社。うどん店は、現在県内と神戸で計9店を展開する。組合役員として業界発展にも力を注ぐ。高松市川部町出身。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.