天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

「本物のプロが納得のいく製品づくり」モットー

レガン社長・砂川匡さん

レガン社長・砂川匡さん

2008/11/02

 野球やゴルフ用手袋の国内トップメーカー・レガン(三木町)。米大リーグで活躍するイチローや松井秀喜、ゴルフの丸山茂樹ら一流アスリートの手には同社の手袋が輝く。砂川匡社長(68)は「本物のプロが納得のいく製品づくり」をモットーに掲げている。

       ◇

 少年時代は野球一筋。巨人の川上や青田、スタルヒンにあこがれて白球を追い続けた。高校の時、足のけがでプロ野球選手への夢は断念したが、何らかの形でスポーツ業界にかかわりたかった。現在、仕事で大好きなプロ野球を支えられて幸せに感じている。

  手袋産業発祥の地・白鳥町生まれ。幼いころは周囲のどこからもミシンの音が聞こえ、町全体が工房といった感じだった。その地域が誇る産業を引き継いでいこうと46年前に創業したが、はじめは苦難の連続だった。妻や子どもにも多くの苦労をかけたが、「地場産業で大好きなプロ野球を支える」という夢があったから続けてこられた。

  手は体の中で一番細かい動きができるし、さまざまな表現ができる。そして形も一人一人異なり、指紋のようなものだ。今はコンピューターにデータを残せるが、昔はオーダーした個人のカルテが何千枚にも上った。

  プロ選手の理想を形にするのは簡単ではないが、我々も手袋のプロ。最高の製品でリクエストに応えている。地味な仕事かもしれないが、従業員は全員自分の仕事に誇りを持っている。

  自分にとって手袋は「夢」を達成するための道具であり、あこがれへの参画手段。レガンの手袋を使う選手が活躍することで、自分も夢舞台に立たせてもらっている。

  座右の銘は「創業は易く、守勢は難し」。会社を起こすだけなら簡単だが継続することは難しい。戦略を持ち、攻めながら会社を守っていくことを常に心掛けてきた。

  今年は香川に手袋製造が根付いて120年の節目を迎える。海外製品の台頭で現状は厳しいと言われるが、今後も地元の伝統産業を守り抜きたい。

プロフィル

 すながわ・ただし 1940年、旧白鳥町生まれ。62年に創業、65年に「クラウン手袋」を設立。88年に現在の社名に変更した。2004年黄綬褒章。07年から日本手袋工業組合理事長。三木町氷上。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.