天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

瀬戸内海ルネサンスの一翼担いたい

全日空ホテルクレメント高松社長・佐野正さん

全日空ホテルクレメント高松社長・佐野正さん

2008/10/26

 旧国鉄に入社後、分割民営化に直面し、設立準備にかかわったJR四国に赴任。そこで、うどん事業の展開や琴電再生などに携わるなど、活躍の場は限りない。全日空ホテルクレメント高松の佐野正社長に、今後の展望や求められるリーダー像などを聞いた。

       ◇

  大学は工学部だったが、研究に向くタイプではなく、何か社会に貢献したいと、国内の輸送サービスを担う旧国鉄に入社したが、当時はお客さま不在の状況だった。まさか、「国鉄」がなくなるとは思わなかった。入社14、15年のころに分割民営化があり、設立準備に携わったJR四国に赴任。瀬戸大橋開業前後に全国の鉄道事業者とヨーロッパを視察し、全国にPRできるような仕事をしたいと感じた。

  そんな中、さぬきうどんの製造販売をしないかという話があり、志願。商売や製造業をやったことはなかったが、約10年間にわたって、うどんを全国で売り歩いた。今から考えると無謀だったかもしれない。うどん事業の際の異業種交流会が縁で、琴電再生にも携わった。

  将来を展望すると、20―30年後に香川の人口は80万人になるといわれている。少子高齢化の中で、香川の自立・発展にどう貢献すればいいか。観光振興がその一助となる。2週間前にクロアチアに行った。クロアチアに面するアドリア海は瀬戸内海にそっくり。同じ自然ながら、クロアチアには年間1200万人の観光客が訪れる。瀬戸内海も潜在能力は高いのだから、観光客が喜ぶ仕組み作りをすれば、同じ観光地になれるはず。瀬戸内海ルネサンスの一翼を担いたい。

  リーダーには、世の中の大きな流れに乗った上で、10―30年後の方向性を示して進んでいく人が求められる。そして、自分を磨いていれば、自分を高めてくれる素晴らしい人にも出会える。

プロフィル

 さの・ただし 1951年生まれ。大阪大工学部卒。国鉄入社後、民営分割でJR四国に。2006年から全日空ホテルクレメント高松社長。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.