天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

世の中に貢献してみなさんを幸せに

アムロン社長・宮本吉朗さん

アムロン社長・宮本吉朗さん

2008/10/19

 創業60周年の今年、クレーン・メーカーのタダノとドイツに合弁会社を設立した鉄鋼商社のアムロン(高松市)。産業機械、環境、ITへと事業フィールドを広げる同社の宮本吉朗社長は、「みんなが幸せになる」経営がモットー。欧州での飛躍を期す宮本社長に思いを聞いた。

       ◇ 

 小さい時は運動が苦手で、今でいうオタクな感じ。でも友達は多かった。大学を出て就職したのは、デザイナー森英恵さんの事務所。クリエーティブですごくおもしろい仕事だった。今とは全然違う業界だが、プロジェクトの進め方とかはよく分かった。

  アムロンは60周年を迎え、国際ビジネスや楽しみな事業がいっぱい出てきている。新規事業には、たいてい核になる人間がいる。やりたいと言い出したときは、すぐにやらせる。ビジネスとして成立させるのは大変だが、私も面白いし、お客さんも増える。

  社員が働いて楽しい、仕事に充実感があると思ってくれないと、事業はだめになる。トップとしては、そういう環境をどうやってつくるかが課題だ。

  信条はみんなが幸せになること。社員を幸せにしたい。お客さまを幸せにしたい。世の中にも貢献して、みなさんが少しでも幸せになればいいと思う。

  ドイツに合弁会社を設立したが、お客さまのタダノさんのおかげ。タダノさんからは、そのうちに独立してほしいといわれている。これはすごく楽しみ。ドイツに前線基地ができてEU市場をにらむことになる。

  経営理念は、「レット・イット・ビー」。好きにやれとか放任主義ではなく、あるがままにして、いいものを伸ばそう、引き出そうという気持ち。社員を幸せにするのがレット・イット・ビーではないか。

プロフィル

 みやもと・よしろう 1955年生まれ。慶応大大学院経営管理研究科修了。大学卒業後、アパレル事務所に勤務。81年に父の故高義氏が創業した香川鋼材(現アムロン)に入社。常務、副社長を経て01年から社長。グループ2社の社長も兼ねる。高松市出身。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.