天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

起業家とともに問題解決したい

香川大大学院地域マネジメント研究科准教授・八木陽一郎さん

香川大大学院地域マネジメント研究科准教授・八木陽一郎さん

2008/10/12

 香川大大学院地域マネジメント研究科が12月から来年2月にかけ、無料で開講する公開講座「実践型社会起業家論」を企画した。行政や既存企業でカバーできない地域の問題に関し、起業により解決を目指す人材の育成が目的。地方の時代にかなう講座を企画した背景や、求められる地域のリーダー像などを聞いた。

       ◇ 

  大学卒業後、CM制作の仕事に就いた。多くのスタッフがいる現場で、「どうすればみんなの個性やアイデアを生かせるか」を常に考えていた。ある時それを研究する学問があるのを知り、強い興味がわいた。

  一念発起し、仕事を辞めて大学院に進学。特に、社会貢献する経営者の良き対話者になりたいとリーダーシップ論などを学び、「地域活性化に貢献するリーダーづくり」を掲げるこの大学に迎えられた。

  研究で分かったのは、リーダーのプロデューサー的役割の重要性。部下がいきいきと仕事をし、互いに生かし合う環境をつくる能力だ。背景は、インターネットの普及で情報量が増え、しかも変化が早いこと。今や1人ではアンテナ、知識とも不十分で、みんなで情報を共有し、知恵を出し合うことが大切になった。

  3000社以上に実施したアンケートをみても、良いリーダーにはこの部分が共通する。不可欠なのは他人を深く理解することで、それができるのは自分自身をよく知っている人。自分を振り返り、言動の影響を考える。つまり、「内省経験」の豊かな人といえる。

  リーダーには、地域の問題に力を発揮してもらいたい。講座を企画したのはそんな思いからだ。だから、問題解決による地域貢献と利益追求のバランスを取る方策などを考える。地域の問題は起業のチャンスでもあり、幸い香川には地域に責任感を持つ人が多い。そんなリーダーと共に歩み、地域に役立っていきたい。

プロフィル

 やぎ・よういちろう 1971年生まれ。学習院大法学部卒。広告代理店勤務を経て慶応大大学院博士課程修了。2007年から香川大大学院地域マネジメント研究科准教授。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.