天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

国酒造りに携われて誇りに思う

西野金陵専務・西野信也さん

西野金陵専務・西野信也さん

2008/09/07

 酒類のニーズの多様化などで日本酒離れが進む中、業界の活性化や清酒文化の振興に力を注ぐ。県酒造組合の会長として長年共同開発に携わったオリジナル酒米「さぬきよいまい」で造る酒は好評だ。日本酒に対する思いや今後の戦略を聞いた。

  高校、大学時代はラグビー一本。将来のことはあまり考えていなかった。卒業後に入った会社でワインの勉強をした後、家業を継いだ。1789年創業という歴史の重みよりも、経営をどうするかを考えた。若かったのでいろいろと無鉄砲に提案したが、ベテランの役員がいたおかけでやっていけた。

 日本酒業界の売り上げは、入社して数年は上向きだったが、その後は微減で続いている。世界的にも「国酒」が減っているのだが、昔は日本酒かビールしかなかったのに、いろいろな酒が入ってきた。特にこの10年は焼酎ブームの影響だろう。

 さぬきよいまいは、20年近くかかってようやく出来上がった。手探りで苦労したが、特徴ある酸味を持つ酒が造れた。戦略としては、地元のコメで地元の人間が造っていることを大事にしたい。東京などに広めていくにも足元がしっかりしていなければ駄目だが、地元ではいい評価をもらえているので、これからも応援してほしい。

 今後は、昔ながらの王道である「日本酒らしい日本酒」に加えて、若い人にマッチする酒も考えなければならない。また、いろいろな飲み方をPRするなど、情報発信にも力を入れたい。夢は食文化を全国的にもう少し向上させること。酒に関しては、時季などに応じた楽しみ方を知ってもらえればと思う。

 日本酒は、神代の昔から日本人が誇りとして続いてきた民族酒。国酒造りに携われて誇りに思うし、責任感もある。それに負けないように頑張りたい。

プロフィル

にしの・しんや 1946年生まれ。慶応大商学部卒。三楽オーシャン(現メルシャン)を経て、76年に西野商店(現西野金陵)入社、91年から現職。92年に県酒造組合会長に就任。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.