天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

社員が誇りを持って勤務できる組織に

大豊産業社長 乾篤之さん

大豊産業社長 乾篤之さん

2010/09/23

 電気の絶縁材料などの卸売業として創業し、現在は省電力・インフラ関連機器を扱う商社の大豊産業(高松市)。「人づくり」を理念に社員の個性を生かした経営を行い、太陽光発電などの新エネルギー関連分野が業績をけん引している。乾篤之社長(64)に、これまでの苦労や今後の展望について聞いた。

     ◇

 創業者である父は営業力に優れ、日本発送電四国支店(現四国電力)など大手企業との取引を始めるなど、会社を順調に成長させた。親分肌の父が働く姿を見ているうちに、当然のように自分が跡を継ぐものと考えるようになった。

 大学を卒業し、他社で経験を積んだ後に大豊産業に入社、27歳で取締役に就任した。働く環境を整えれば従業員の勤労意欲が高まると考え、質素倹約を信条にする父を説得して、1986年に本社を高松市屋島西町の現在地に新築移転した。

 取締役になって、経営面で苦労することはなかった。ところが、89年に社長に就任後、電力分野に偏った経営を改めようと、新分野への参入を図った際、従業員からの反発に遭った。退職して別会社を立ち上げた従業員もおり、経営者として大きな試練を味わった。

 原因は社員との対話不足。信頼関係が築けていなかったことを反省し、京セラ創業者の稲盛和夫氏が主宰する「盛和塾」に飛び込み、人間性を重視する経営の大切さを実感した。現在は経営理念に「人づくり」を掲げ、社員が誇りを持って勤務できる組織を目指している。

 新たな取り組みとして、太陽光などの新エネルギー関連の事業に注力。太陽光パネルを製造する京セラの代理店として、産業用では中四国で売り上げトップとなっている。風力発電関連の分野にも取り組んでおり、四国をベースに全国へ羽ばたく企業に成長させたい。

プロフィル

そいぬい・あつゆき 1948年徳島市生まれ。高松一高、芝浦工大卒。横河電機などを経て73年に大豊産業に入社、89年から現職。2011年から香川経済同友会代表幹事。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.