天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

「左官といえば香川県」という環境つくりたい

さぬき左官代表 岡井剛志さん

さぬき左官代表 岡井剛志さん

2012/09/09

 こてを使い、漆喰(しっくい)などで建物の壁などを塗り上げる左官業。1級左官技能士の岡井剛志さんは昨年、父が経営する建設会社から独立し、左官を専門に行う「さぬき左官」(三豊市高瀬町)を立ち上げた。「左官の認知度を上げたい」と奮闘する32歳の若手職人に、仕事の魅力などについて聞いた。

  二ノ宮小、高瀬中と旧高瀬町で育った。父の兄弟弟子の親方の下で2年間左官の仕事を学んだりした後、21歳で父の会社に入った。

  もともと父は左官の親方だったが、壁紙や新建材の家がはやりだして仕事が激減。土木や住宅基礎の仕事もするようになっていた。入社時の仕事の割合は左官3、土木7といった感じだった。

  左官という仕事にやりがいはあるが、古くさいイメージを持っていた。考えが変わったのは27歳の時。勉強のため参加した「中小企業家同友会」のセミナーで、ある人から「岡井君は左官の何を知っているの」と聞かれたが、何も言い返せなかった。

  そこで調べてみると、全国には昔ながらの工法に新しいものを採り入れた工法をつくりだしたり、左官を知ってもらうためアクションを起こしている人が多数いることを知り、考え方が180度変わった。意識を変え、やったことがなかった左官の営業を行ったりしたところ、1年で会社の土木と左官の割合を逆にすることができた。

  経営について父との考え方の違いから、話し合いの末に昨年独立した。さぬき左官という会社名は、さぬきといえば左官、左官といえばさぬき左官といわれることや、さぬきで一番になりたいなどの思いを込めた。夢は「左官といえば香川県」と職人さんが自信が持てるような環境をつくることだ。

プロフィル

おかい・つよし 1980年三豊市高瀬町生まれ。笠田高卒。父が社長を務める建設会社で勤務後、2011年1月に独立し、さぬき左官を設立した。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.