天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

舞台は一人じゃない。みんなで奏でているのを感じる。

ピアニスト・松田華音さん

ピアニスト・松田華音さん

2012/08/19

 ロシアでピアノを学ぶ高松市出身の松田華音さん。6歳で日本を離れて10年、秋にはモスクワのグネーシン音楽学校の11年生になる。まだ笑顔が愛らしい16歳だが、多くのコンクールを制するなど世界を舞台に活躍する。夏休みで帰省中の彼女に、音楽に向き合う思いや将来のビジョンを聞いた。

  ロシアに行って最初の演奏を今も覚えている。周りのみんなが見守ってくれ、拍手までいただき、そこでピアノの面白さを知った。言葉が分からない時も友人が教えてくれた。私はいつもロシアの人に助けられ、守ってもらっている。だからその感謝を込めて演奏している。

  グネーシンでは大事な試験が2年に1度ずつあって、一定の点数を取らないと学校を辞めなくてはいけない。大変だけど、落ちないためには頑張るしかない。ただ、今はレッスンがとても楽しい。先生の助言を受けるとすぐに音が変わる。毎回それを実感できる喜びがある。

  6月に憧れのミハイル・プレトニョフさんが指揮するロシア・ナショナル管弦楽団と共演することができた。プレトニョフさんは舞台の裏で緊張する私を励ましてくれ、安心して本番を迎えることができた。オケと共演する魅力は、こうして皆さんに支えていただけること。

  8歳の時に初めて協奏曲のソリストの機会をいただき、その後もいろんな共演をした。そのたびに思うのが、舞台の上は一人じゃないということ。指揮者やオケの団員、来てくれた聴衆の方々。みんなで音楽を奏でているのを感じることができる。

  私はロシア語の「スパシーバ(ありがとう)」が大好き。公演では皆さんがスパシーバと言ってくださるが、私もスパシーバと思いながら弾いている。友人、先生、家族、お客さんへの感謝を胸に音楽を続けたいし、聴いた人が幸せになれるようなピアニストになりたい。

プロフィル

まつだ・かのん  7歳でエドワード・グリーグ国際ピアノ・コンクールでグランプリ。その後も数々のコンクールで優勝。9月にもモスクワでプレトニョフさんが指揮するオケとの共演を控える。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.