天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

夢の実現、あきらめないことに尽きる

紙彫刻作家・中村耕二さん

紙彫刻作家・中村耕二さん

2008/08/24

 温かみのある紙の質感を生かして、平面上に浮かび上がらせる天使の姿や風神・雷神、ジャズ奏者…。光と影が立体感を強調する。緻密[ちみつ]な作業を繰り返し、見る人に癒やしや活力を与える紙彫刻という独自の作風をつくり上げた。紙の魅力を追求するきっかけなどを聞いた。

  母親によると、幼少のころは漫画家になると言っていたらしい。小学校ではテスト用紙の裏に漫画ばかり描き、回答欄はバツばかり。3年生になって見た「フランダースの犬」の実写版で、マリア様が描かれた中世絵画の世界に引き込まれた。

  高校ではインテリアデザイン科に進学。当時、教諭だった速水史朗さん(彫刻家)に出会い、いろいろと教えてもらった。偉い人とは全然知らなかったが、洋服のセンスが良い人だと感じていた。一番の教えは「納期を守れ」。高校生に向かって何を言っているのかと思ったが、今考えれば、もっと勉強すればよかったと反省している。

  25歳の時、デッサン用の紙「マーメイド紙」に出合った。表面がざらざらしており、讃岐うどんのようにしっかりしたコシがあるのが特徴。曲線がスムーズで、作品をつくる際、自分にフィットする紙だと直感した。

  仕事をしながらデッサンを一から学び、写真のように描ける腕を身に付けた。が、オリジナリティーがないと酷評され、どうすればいいのかと思い悩む日々が続いた。ヒントはジャズにあった。黒人のジャズマンを白い紙でつくった。光と影で表現する世界には余分な線は不要。出来上がったときは、震えがくるほどの衝撃だった。

  33歳で初の個展を開いた。好きだからこそ続けられた。夢の実現は、あきらめないでやることに尽きる。50歳の今も新作に挑戦している。これからの人生こそが、本番だと思っている。

プロフィル

なかむら・こうじ 1958年生まれ。善通寺第二高校卒。広告代理店でデザイナーとして活躍後、フリーに転向。ポスターやカタログ、本の装丁などを手がける。坂出市常盤町出身。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.