天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

家族的な企業でライフスタイル提案へ

グローバルセンター社長・冨田 稔さん

グローバルセンター社長・冨田 稔さん

2012/08/05

 マンションなどの賃貸仲介を行う「アパマンショップ」店舗を運営するグローバルセンター(高松市)。7月には高松市のサンフラワー通り沿いに、明るい雰囲気の新社屋をオープンした。冨田稔社長(60)に会社経営にかける思いを聞いた。

       ◇

 大学卒業後に大手住宅メーカーに入り、熊本に赴任。長男で実家が気になっていたこともあり、32歳で香川に戻り、住宅建設会社に転職した。不動産仲介などを任されたが、30代後半になって独立したいという気持ちが芽生えた。自信半分、不安半分で、高松市内のマンションの一室で不動産売買の仲介業を始めた。

 とにかく外に出て営業に走り回った。電話番を妻に頼んでいたら、そのうちに部屋探しの客が来店するように。賃貸事業は妻が立ち上げたようなもので、一番の功労者は妻だろう。

 1996年に香川大の前に事務所を移転すると、学生がどっと来るようになり、家主の依頼も増えた。その後、同業の知人に勧められ、設立間もないアパマンショップネットワークとフランチャイズ契約を結んだ。今では全国的に知名度があり、転勤で県外から来た人たちの安心感につながっている。

 新社屋では家主向けのセミナーや相談会も開く。物件に空室も目立つ中で、家主に的確なアドバイスや情報発信をすることが重要になってくるはずだ。

 これからは自社のカラーも出していきたい。ブランドマークを一新して、家の形をしたさまざまな色の葉と木の幹をデザイン、十人十色の住生活を支えるという思いを込めた。目指すのは家族的な企業。家主や会社の仲間を家族のように思い、部屋紹介だけでなく、時代の変化を捉えてライフスタイルの提案もできる、そんな会社にしたい。

プロフィル

とみた・みのる  1952年観音寺市生まれ。観音寺一高、長崎県立大経済学部卒。大手住宅メーカーなどを経て、89年にグローバルセンターを設立。不動産売買や賃貸の仲介、物件管理、リフォームなどを手掛ける。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.