天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

心のやりとりがコミュニケーションの原点

中條文化振興財団事務局長 中條晴之さん

中條文化振興財団事務局長 中條晴之さん

2012/03/25

 高松市内の閑静な住宅街に、ひときわ緑の多い和風建築がある。邸宅には茶室が3席。1997年、世界で通用する人材を育成しようと中條文化振興財団が整備した。知識や教養として自国の文化の何を学び、国際的な通用性や競争力を身に付ければよいのか。同財団の事務局長を務める中條晴之さん(55)にヒントを聞いた。

        ◇

 高松で生まれたが、銀行員だった父の転勤で、各地を転々とする少年時代を過ごした。大学時代、部活動の印刷物などを手掛けるうちに、職人芸が息づく印刷の世界に興味が湧いた。

  印刷会社で営業職として9年間、写植や版下、製版など、それぞれの分野のエキスパートに技を学んだ。やがて大手電機メーカーがこぞってワープロを開発、印刷業界にデジタル化の波が押し寄せた。

  印刷に職人芸が必要とされた時代は過ぎた。自らの居場所を再構築しようと考えていたところ、財団の事務局長として運営を取り仕切るようにと言われ、帰郷。当初、形骸化したお茶の世界に興味はなく、玄関番や露地の掃除など「茶室の管理人になればいい」と割り切った。

  管理人としてさまざまな流派の先生が開く茶席を見るうちに、それぞれの席に個性があることに気付いた。

  むさぼるようにお茶の本を読み、茶室を建てた棟梁(とうりょう)に何度も話を聞いた。寸法や材、組み合わせなど、一つ一つに意味や由来、思いや願いがあり、それを形にしたものが茶室であることを知った。形に込められた心を茶席で読み取るのも楽しい。

  心を伝えること、相手の心を読み取ることがコミュニケーションの原点だ。その心のやりとりをするのがお茶の醍醐味(だいごみ)。誰もがフェース・ツー・フェースでコミュニケーションする時代になれば、と願っている。

プロフィル

ちゅうじょう・はるゆき 1956年高松市生まれ。大手前高松高を経て、法政大法学部中退。99年、中條文化振興財団事務局長に就任。1枚の茶券で茶席を巡る大茶会を2005年から毎年開くなど、お茶を通じた日本文化の普及と発展に力を注ぐ。03年、高松市文化奨励賞。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

生活情報紙・オアシス

オアシス
暮らしの身近な情報満載

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

   
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.