天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

努力以上の執念で主力の清酒を全国区に

綾菊酒造の杜氏 国重弘明さん

綾菊酒造の杜氏 国重弘明さん

2012/02/26

 1790年の創業以来、「郷土と共に」の精神で地元の水と米を使った酒造りを貫く綾菊酒造(綾川町)で、杜氏(とうじ)を務める国重弘明さん(75)。主力の清酒「綾菊」を全国区に押し上げた現代の名工に、酒造りの原点や思いなどを聞いた。

  広島県安芸津町の専業農家に生まれた。父は杜氏で、幼少のころはハワイで酒を造っていた。まちの男たちも冬になると各地に酒造りに出掛けていた。

  酒造りをする考えはなかったが、高校卒業後に農業をしながら地元の酒屋で事務をするようになり、そこで酒蔵の職人が楽しそうに仕事をする姿に興味を持ち、数年後、事務職を辞めて酒造りの道で生きていこうと決めた。

  一年のうち半年は農業、半年は酒造りという生活だったが、酒造りは面白かった。9年間修業し杜氏となったが、つらいとか苦しいと思ったことはない。

  1970年に綾菊酒造の杜氏に就任。当時は原料米が香川の残り物の寄せ集めだったので、上司に品種統一を要望。そこで使うようになったのが地元米のオオセト。ただ、オオセトは酒造りに適した米ではなく一般米。吸水性が悪く溶けにくいなど、とにかく大変だった。

  米を洗ったり、もろみの発酵を管理する機械の開発を行うなど一歩一歩、技術を確立。10年の苦労を重ね、ようやく米の特長を生かした酒が造れるようになった。全国新酒鑑評会ではこれまで、13年連続を含む20回の金賞を受賞した。

  蔵仕事に携わって半世紀以上。努力だけでは乗り越えられない壁はたくさんあったが、努力以上の執念で突き破ってきた。物作りは究めることができないからこそ面白い。後継者を育てながら元気な限り酒を造り続け、今なお果たせていない好みの酒を求めていきたい。

プロフィル

くにしげ・ひろあき 1936年広島県生まれ。70年に綾菊酒造の杜氏に就任。95年、県内の杜氏で初めて現代の名工(労働大臣表彰)に選ばれる。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.