天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

住宅選びは顧客との冒険旅行

ロータリーハウス代表取締役・増元浩二さん

ロータリーハウス代表取締役・増元浩二さん

2012/01/29

 不動産売買や住宅の設計施工を行うロータリーハウス(高松市)。顧客の満足を最優先し、「安くて良い家」の提案を続ける。代表取締役の増元浩二さん(65)に、仕事に対する情熱や顧客への思いを聞いた。

      ◇

 高松市に生まれ、幼少時にはよく山や海で遊んだ。竹で弓を作るなど、そのころからものづくりが好きだった。

 高知大の学生時代に父が亡くなり、卒業後、実家に戻った。県内の企業に就職したが、工場での作業が合わずに退職。不動産業を営んでいた父の友人らとともに、1972年にロータリーハウスを設立した。

 設立当初は苦労もしたが、毎日自由に動けることが幸せだった。今でも毎日が楽しく、天職だと思っている。

 ただ、会社には理念がなかった。バブルがはじけ、初めて赤字を出した時、会社を畳もうかとも思った。そんな矢先、全国の工務店で組織するアキュラネット(現ジャーブネット)の紹介文が目に止まった。

 加盟料は高額だったが、従業員のため業績を上げようと加盟を決断。全国の同業者とのネットワークができ、情報交換が可能になった。また、会社にも理念を掲げ、会社全体の意識改革を図った。

 お客さんに押し付けるような営業はしない。ファンを増やす方法を考え、安くて良い家を提供することを目標にした。

 会社は設立から40年。お客さんからのクレームも少なく、幸せな生活を送っていただいているのが何よりうれしい。

 住宅を「販売しよう」とは、あまり考えていない。お客さんは一生に一度の買い物に来ているので、一緒に冒険旅行に出かける気分だ。満足できる家が見つかったら、一緒に喜びを分かち合いたい。

 これからも従業員とともに、よく遊び、よく学び、よく働いて、今以上に地域に密着した企業を目指す。

プロフィル

ますもと・こうじ 1947年高松市生まれ。高松一高、高知大農学部林学科卒。72年にロータリーハウスを共同設立。92年に社長に就いた。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.