天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > ドリーマーズ > 記事詳細

連載

 
 
 

家を建てた後もきめ細やかなケア心掛ける

大河内工務店社長・大河内孝さん

大河内工務店社長・大河内孝さん

2011/12/18

 中西讃を中心に木造住宅などを提供している大河内工務店(三豊市山本町)。先代から続く確かな仕事に加え、会社の敷地内にカフェをつくったり、イベントを開いたりするなど足を運びやすい空間づくりを心掛け、満足度の高い工務店として顧客の評判を呼んでいる。大河内孝さん(54)に選ばれる工務店づくりや建築への思いを聞いた。

  ◇

 旧財田町(現三豊市)に生まれ、小中学校時代は建築の写真を見るなど本を読むことが好きなおとなしい子どもだった。千棟の家を建て、地元で「伝説の棟梁(とうりょう)」と呼ばれた父は毎日忙しく、1年に何日程度しか会わなかったので大工にはなりたくないと思っていた。

 中学の時に県庁を見て衝撃を受けたことがきっかけで、建築家になりたいと思った。大学を卒業して香川の設計事務所に就職。東京の設計事務所に転職したが、建てるものは決まった予算の公共施設が多く、建物と人間の関係が薄いことを感じ、住宅に携わりたいという思いを強くした。次の住宅メーカーでは社長に直訴して営業職に就いた。

 父の体調もあって31歳の時に帰郷。これまでの経験もあり、すんなり入っていけると思っていたが、父の助言もあり、大工の見習いから始めた。昼間に大工、夜に設計という生活を5年ほど続けた。

 社長になり、会社の将来を考える中で、お客さまに来てもらえる工務店にしようと社員のアイデアを採用して、夏祭りやガレージセール、釣り大会などイベントを開催してきた。お客さまが喜べば、私たちもうれしい。家は建てて終わりでなく、それから長いお付き合いが始まる。きめ細やかなケアを行うことがお客さまの満足度が高い理由だと思う。

 「できない理由を探さない。思ったらやってみる」という言葉を大切にしている。今、(会社を通じて)コミュニティーができつつある。違う場所でもつくれるのではないかと考えている。これからも挑戦していきたい。

プロフィル

おおこうち・たかし 1957年三豊市生まれ。観音寺一高、広島工大建築学科卒。設計事務所や大手住宅メーカーを経て、89年に大河内工務店に入社。97年に社長に就いた。1級建築士。

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.